Icon loading md
福耳「八月の夢」MV連動 独占コメント連載 ⑤杏子編【キーワードを集めてプレゼントをゲット!】
antenna*
2018.08.20 18:00
オフィスオーガスタのアーティストが結集したスペシャルユニット=福耳。今年結成20周年を迎えた彼らが、8月22日に記念アルバムを2タイトル同時リリースします。

先行して、そのアルバムにも収録される新曲「八月の夢」のミュージックビデオが解禁! 人生のさまざまな場面で訪れる「別れ」の形を描いた映像に、杏子、山崎まさよし、元ちとせ、スキマスイッチ、秦 基博の歌が重なっていく、ドラマティックなMVです。監督を務めたのはたじまさん。まさにたくさんの声が集まった福耳ならではの群像劇に仕上がっています。

今回antenna* では、そのミュージックビデオ撮影現場で福耳のみなさんのコメントをゲット! MVの内容に絡めて、さまざまな質問に答えていただきました。さらに、MVに出演した役者さんにも、今回の楽曲とビデオで演じた役をどう感じたか、伺いました。

最終回となる第5回は杏子さん、そしてMVで離婚してそれぞれの道に進む夫婦を演じた麻白つむぎさんと野島直人さんにお話を伺いました!
★★キーワードを集めてプレゼントをゲット!★★
毎週月曜日、新たに更新されていくこのミュージックビデオ連動企画には、それぞれにキーワードが隠されています。
それを5つ集めてご応募いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントを差し上げます!
ぜひantenna* でコンテンツをチェックして、ご応募ください!
応募フォームは各コンテンツのいちばん下にあります。
【A賞】アーティスト直筆のキーワードを5枚セットで1名様に!
【B賞】福耳も出演する「Augusta Camp 2018 -20th Anniversary- Presented by The PREMIUM MALT'Sー」のペアチケットを1名様に!
※5つのキーワードすべてをご記入いただいた方のみが抽選の対象となります。
※A賞・B賞のいずれかをお選びください。
※応募締切は8月31日(金)23:59となります。また、当選者の方にはメールにてご連絡をさしあげますので、応募フォームにメールアドレスを必ずご記入ください。
杏子さんが歌うシーンは、「女性が決意して結婚指輪を外す」というものでした。演者の方の鬼気迫る演技、ご覧になってどう感じましたか?
「監督から『泣きの演技を見ておいてほしい』と伺ったのでリハの段階から拝見していたんですが、おそらく使わないであろうというケンカのシーンからアドリブでやっていて、監督から役者さんに『そこ、もっと追い詰めていって』みたいな指示もあって。役者さんって……役に感情移入ができるというのもすごいんですけど、同じことを何度もやり遂げるっていうテンションにびっくりしました。そして妻のほうが結婚指輪を外すという……見ちゃうと歌いながら泣いちゃう気がしたので途中から見るのをやめました。というのは、私は彼女を勇気づける立場だから、一緒に泣いちゃうといけないと思ったので。リハーサルで彼女がわって泣いているのを心に留めて、歌うときは『元気出そうね』って……そんなこと言えた義理じゃないんですけど、この歌はそういう歌なんだなって感じました。この歌の持つ力というか、心を安らげて次のステップに進ませてくれるっていう」
杏子さんのこれまでの人生において、「別れ」はどんな意味を持ってきましたか?
「まあ、別れがあるから次の出会いがあるとはよく言われますが、ひたすら悲しいですよね。よく覚えているのは、小学校6年生の卒業式のときのこと。マンモスな小学校だったんで、いろいろな中学にみんな分かれていくんです。もうね、校庭で『もう涙出ないだろう』っていうくらい泣いたのを覚えてる。だけど、その別れた友達たちとは二度と会っていないんですよ。でもそれは『もう二度と会えないんだ』っていう意識じゃなくて、『会ってないんだよね』っていう意識でいられるというのは大きくて。でも、別れはやっぱり……嫌だな」
「八月の夢」の歌詞、どんなことを感じながら歌いましたか?
「これは、デビュー20周年のCOIL・サダ(岡本定義)くんの、優しくて熱くて、そしてとてもインテリな、彼の詞の世界が素晴らしく表現されているというか。かねてよりCOILは天才だと思っていたけど、ここにそれが集約されているなって思います。言葉遊びだったりとか、起承転結の最後着地するところだったりとか。サダくんっていつも単行本を手にしているんですけど、彼は同じ本を何回も読むんですって。それも文章を指さしながら何度も読んでいて。その文学性というのかな。だからオーガスタにとってはかけがえのない存在ですよね。ジャイアン(森川欣信最高顧問)が歌詞の大切さについてずっと言ってきましたけど、サダくんがそれを見事に実らせたなと。『八月の夢』というタイトルもそうではないですか。ここに集約されて、花開いて、その花がこれからまた種を蒔いていくんだなって思いました」
《麻白つむぎさん》
●「八月の夢」を聴いて
「第一印象はとっても前向きな曲だなと思いました。自分の中でいちばん心に残ってるのが、『あたりまえみたいに夏が何度も訪れるけれど 君はいない 永遠じゃない』っていう歌詞が……本当に何事も永遠じゃないから、日々悔いの内容に生きたいなって思います」

●「別れ」について
「別れ……今まで19年生きてきて、ちゃんとした別れというのを今までしたことがなくて。思ったのが、出会いがあれば別れがあるから、なんだろう、悲しまないで前向きに捉えて生きていくっていうか。ポジティブに別れというものを受け止めていきたいなと思いました」

●MVで演じたシーンについて
「この30代の役になりきって……その気持ちを想像して泣きました。あとは、私おばあちゃんが好きで。おばあちゃんのことを考えたら……今までしてくれたことへの感謝を心に思い浮かべていたら涙が出てきましたね」

《野島直人さん》
●「八月の夢」を聴いて
「それぞれの愛のかたちを歌っている気がして。すごく印象に残った歌詞があって。『雨上がりの空に星のかけらを探して』っていうところがあって、福耳さんの曲で『星のかけらを探しにいこう』っていうタイトルがあったりもしたので、耳にすっと入ってきて印象的でした。僕、ミュージカル俳優なので、自分もこの曲歌いたいなと素直に歌いました。

●「別れ」について
「難しいじゃないですか、出会うために別れがあるのか。ずっと繰り返すようなところもありますし。僕の場合、野球と別れてこの世界に来たというのもありますし。でも素敵なことだと思うんですよ。別れってマイナスなことだけじゃなくて、プラスになっていく、次の出会いが待っているっていう別れもあると思うので。悲観的に捉えられないような歌詞の内容でもあったと思いますし、僕の感覚では、新しい何かに出会うための別れというふうに捉えていますね」

●MVで演じたシーンについて
「僕が別れを自分で決断していったみたいなところもあったので、切ない気持ちもありますし……別れるときにかぎってよかったときのことを思い出してみたりするし、そういう感覚があったので、なんか不思議な感じでした。決意して出ていくって嫌なイメージが強かったんですけど、そうじゃなくて逆に、奥さんのもとを離れるっていうときにちょっと後ろ髪を引かれるような、よかったときのことを思い出しちゃうみたいなのが不思議な感覚でしたね」
7032040 tdigemlz full 485efd23 c245 40c2 b65d a69699f6c57d
今回のキーワードは"年"!
プレゼントへの応募はこちら!↓↓
※応募には5つのキーワードすべてを揃えている必要があります。

関連コンテンツ