笑って、許して、騙されながら、男は思い出を買い続けます――藤村俊二(俳優)
クロワッサンオンライン
2018.08.13 07:35
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、粋なあの人の言葉を味わいます。 文・澁川祐子 1977年7月号「男の買物」より 笑って、許して、騙されながら、男は思い出を買い続けます――藤村俊二(俳優) 創刊号からスタートした「男の買物」。各界の著名男性が、買いものにまつわるエピソードを披露するエッセイです。3…

あわせて読みたい

家事をやらない男は、生活をしてないと思いますよ――S・Hさん(テレビ映画プロデューサー)
クロワッサンオンライン
時々、死んだ人々が昨日まで生きていたように懐かしくなる――F・トリュフォー(映画監督)
クロワッサンオンライン
「美しい」とか「素晴らしい」とか、そういうほめ言葉を与えられる女性になって欲しいな――松田光弘(ファッションデザイナー)
クロワッサンオンライン
子供にとって必要なことは苦痛を恐れ、やらないということではなく「ある行動」の結果の意味を考えて、やらないようになることです。 ―堀江重信(みなみ子供診療所々長)
クロワッサンオンライン
ベタボメなんだけど、ベタボレじゃないわよ――M.Iさん(取材記者26歳)
クロワッサンオンライン
『オヒョイ 父、藤村俊二』著者、藤村亜実さんインタビュー「親父は最期まで“今”を生きることを楽しんだ。」
クロワッサンオンライン
女が本気になって自分の生き方と子育てを考えはじめた時から、社会とは無縁でいられなくなる――編集部
クロワッサンオンライン
女の幸せはこうなんだ、といっているのは男たちなのね――道下匡子(翻訳家、作家)
クロワッサンオンライン
生きていることの意味は美的なものです――道下匡子(映像作家)
クロワッサンオンライン
おしゃれじゃないといっても、なにかその人のものがあるんですね――竹内清兵衛(高島屋専務)
クロワッサンオンライン
突破口のみつけ方は十人十色でいい――小西章子(エッセイスト)
クロワッサンオンライン
物を買うとき、値をみて決めてはいけない――宮城昌康(競馬評論家)
クロワッサンオンライン
すぐれた家具が少ない。だから、すぐれた「眼」でえらぶ必要がある――池田三四郎(松本民芸家具創始者)
クロワッサンオンライン
アクセサリーをとり去ってみると、首すじのあたりがもっときれいに――原由美子(スタイリスト)
クロワッサンオンライン