あんこ好きには至福の時間!こだわりの手仕事を堪能できるあんこを楽しむための和菓子
ippin
2018.08.04 17:00
夏の暑さでじりじりと疲れてくると、自然と欲しくなるのが甘いもの。涼しい部屋でホッと一息つくときには、やさしい甘さのあんこを使った和菓子はいかがですか。あんこを使った和菓子にはさまざまなものがあります。この記事では、羊羹やまんじゅう、どら焼きなどをセレクトしました。老舗の味と製法を守り続けるものや、地場産の素材にこだわったものなど、職人の思いと技が溢れるものばかり。あんこの美味しさを楽しめる逸品をどうぞ。
移ろいゆく季節を5つの発酵食品で表現!色合いも味わいも優しい玉羊羹「発酵さしすせそ羊羹 五季」
まんまるのフォルムと5色の優しい色合いに心癒される玉羊羹は、五穀・発酵の和菓子『五穀屋』の「五季」です。四季とその移ろいで季節を5つとし、発酵食品のさしすせそ(酒・塩糀・酢・醤油・味噌)で表現。醤油糀・白味噌・りんご酢・抹茶塩糀・酒の発酵食品を生かしたほんのりとした風味と控えめな甘さで、これまでの羊羹にはない味わいです。ぷるんとしたみずみずしさは、ぜひとも冷やして味わって。

ブランド名:五穀屋
商品名:発酵さしすせそ羊羹 五季(お取り寄せ可)
紹介記事
楊枝でつつくと、ぷるんと弾ける五穀屋の水玉羊羹「五季」(平野由希子)
特許取得の伝統製法で立山杉の年輪を表現!どこから切っても美しい縁起のよい「杢目羊羹」
どこから切っても美しい木目模様の「杢目羊羹」。創業150年の老舗和菓子店『鈴木亭』が開業時から作り続ける、富山の代表的な銘菓です。
特許を取得した伝統の製法で、小豆と白いんげんで立山杉の年輪を表現。“年輪を刻む”縁起のよい羊羹として愛されて続けています。きめが細かくなめらかで、あっさりとした甘さの味わい。暑い夏の時季は冷やしいただくのがおすすめです。切り分けるところから楽しみたい逸品ですね。

ブランド名:鈴木亭
商品名:杢目羊羹(もくめようかん)小型(お取り寄せ可)
紹介記事
どこをカットしても現れる美しい杢目。年輪を刻む縁起物の羊羹(真部洋子)
透きとおるような薄皮に包まれたひと口サイズの「山田屋まんじゅう」は150年続く製法と美味しさ
透きとおるような薄皮に包まれたひと口サイズの「山田屋まんじゅう」。創業150年『山田屋』の初代が考案した製法で作り続けられています。北海道十勝産の質の高い小豆と上品な白双糖を使い、手間を惜しまず練り上げたこしあんを薄皮で包んだまんじゅうは、やさしい甘さと絶妙な口当たりとのど越しです。製法だけでなく、小ぶりな22gを守り続けているその大きさが、また味わいたいと、美味しさをさらに引き立てる魅力。変わらない・変えないおいしさをぜひ。

ブランド名:山田屋
商品名:山田屋まんじゅう 木箱入り(お取り寄せ可)
紹介記事
究極のまんじゅう、愛媛松山「山田屋」まんじゅう(はんつ遠藤)
日が経つほどに深みが増す味わい!4代目考案の自家製ラムレーズンが散りばめられた「ラムドラ」
鹿児島・湯之元温泉で営む『梅月堂』は創業時から“質と材料を下げない”精神を貫き、4代目が考案した「ラムドラ」。北海道産大納言小豆、蜂蜜とバターで独特のコクとほどよい甘さのあんこに、マイヤーズのダークラムに漬け込んだラムレーズンを散りばめ、手焼きの薄皮で挟んだどら焼きです。すべて自家製の三位一体となった完成度。
日を少し置くとしっとりと濃厚な味わいとなり、日が経つごとに変化する味わいを楽しめます。

ブランド名:梅月堂
商品名:ラムドラ箱入(お取り寄せ可)
紹介記事
夜のお菓子、オトナ専用どら焼き梅月堂の「ラムドラ」(スイーツ番長)
見目麗しい鯉の中にはこだわりの粒あん!日本で1軒ここでしか味わえない『藤田九衛門商店』の鯉焼き
長野県善光寺の門前に店を構える『藤田九衛門商店』。日本で唯一、鯛焼きならぬ鯉焼き「垂水」を作っています。躍動感あふれるフォルムのミニサイズの鯉焼き。
長野県産小麦粉“しゅうんよう”のみを使用した生地の中に、小豆ではなく長野県産高原花豆の自家粒あんが入り、信州産の素材にこだわる、信州特産品です。
温めていただくのはもちろん、冷たくても美味しいので、自然解凍でいただくのもおすすめです。

ブランド名:藤田九衛門商店
商品名:日本でココだけ信州鯉焼き “垂水”たるみ(お取り寄せ可)
紹介記事
長野ではタイじゃなくてコイ!善光寺土産なら要予約の「鯉焼き(こいやき)」(izumin)
ippin編集部

あわせて読みたい