大氾濫を引き起こした異常放水の主因は「初動の遅れ」。西日本豪雨災害は明らかに「人災」だ
HARBOR BUSINESS Online
2018.08.02 08:33
昭和47年の水害のときから高梁川流域では囁かれていた「ダム起因説」
「昭和47年(1972年)の大水害でも今回と同じように高梁川沿いの一帯が水没、その時も『ダムが原因ではないか』という話が出て被災者が訴訟を起こしたと聞いています。敗訴したそうですが」
 こう話すのは、河本ダム下流の高梁川沿いでホテルを経営する金海偵子さん(高梁市在住)。今回の豪雨災害でホテルと隣の自宅とアパートの一階が浸水したが、…

あわせて読みたい

「西日本の豪雨災害は、代々の自民党政権による人災」河川政策の専門家、嘉田由紀子・前滋賀県知事が指摘
HARBOR BUSINESS Online
河川工学の専門家らが死者51名を出した真備町水害の現場を視察。ますます高まる「人災」の可能性
HARBOR BUSINESS Online
真備町浸水、50年間棚上げされた「改修計画」
東洋経済オンライン
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
ダム操作のルールに固執して事前放流せず、「確信犯的な殺人だ」と住民怒りの声
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
八ッ場ダム、スーパー堤防……。幼稚な翼賛デマは防災・治水を軽視する愚論
HARBOR BUSINESS Online
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online
あなたの脳を信じてはいけない!? 災害時に気をつけたいこと | ananweb - マガジンハウス
anan web
肱川大水害の災害現場。死者も出た地域の傷痕は今もなお深い
HARBOR BUSINESS Online
中国500年の治水に代わる新しい「海綿城市」構想とは? | 三峡ダム的な治水では悪化する都市の浸水に対処できない
COURRiER Japon
「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+