「下流域を守る」ためのダムが下流域に被害!? 9人の死者を出した愛媛県・肱川水害
HARBOR BUSINESS Online
2018.07.24 08:33
 200人を超える人命を奪った西日本の歴史的豪雨。中でも、流域で9人の死者を出した愛媛県肱川(ひじかわ)のすさまじい氾濫は、上流のダムの放流が原因だったのではないかと言われ、物議を醸している。
被災住民「ダム放流直後、あっという間に氾濫」「そりゃ浸かるわ」
 肱川を流れる水は、野村ダムから西予市に流れ込み、鹿野川ダムを経由して大洲市に下る。今回の水害で、西予市では5人、大洲市では4人の死者を出す大…

あわせて読みたい

利根川は本当に「渇水」しているのか?
HARBOR BUSINESS Online
ロボットは感情を持った家族になる。スマートスピーカーの進化系? ”BOCCO emo”
CAMPFIRE
ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online
ダムを境に被害が分かれていた肱川大水害。復興進まぬ肱川水系調査で判明
HARBOR BUSINESS Online
ダム操作のルールに固執して事前放流せず、「確信犯的な殺人だ」と住民怒りの声
HARBOR BUSINESS Online
大氾濫を引き起こした異常放水の主因は「初動の遅れ」。西日本豪雨災害は明らかに「人災」だ
HARBOR BUSINESS Online
肱川水害はダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物
HARBOR BUSINESS Online
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」
HARBOR BUSINESS Online
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
気候変動を踏まえた「流域治水」対策を展開
Wedge[国内+ライフ]
川辺川ダムが建設されていたら災害は防げたか~九州豪雨
ニッポン放送 NEWS ONLINE