Icon loading md
6907788 full 66079607 fb58 4de3 a1b5 ffa79e6a772c
見た目・素材・味わいが珍しい!みんなの反応が楽しみなお取り寄せスイーツ
ippin
2018.07.23 14:30
ほんのり甘く、すぅっと口の中で溶ける高級砂糖、和三盆を用い、さまざまな色や形で日本の季節を表現するお菓子「落雁」。硬くて甘くて、口の中の水分が奪われるお菓子と思っていたら大間違い。今どきの落雁はとても食べやすく、しかもモダンでかわいいのがトレンドなんです。今回はそんな、お土産にも自分用にもぜひ購入してみたい!と思えるような、素敵な落雁をご紹介。季節ごとに表情を変える季節菓子としても、ぜひチェックしてみてください。
まるで落雁!でも実はラムネ。富山土産の新定番「高岡ラムネ」に注目
 full e8e79852 5fb8 409a a739 c4344711b355
 full 221ca759 4283 4707 a962 0ea03628a1fe
富山県高岡市にある「大野屋」の「高岡ラムネ」は、お店に古くから伝わる落雁用の木型を使って作られています。だから見た目は落雁そのもの。でも口に含むと、しゅわっと爽やかな風味が広がる正真正銘のラムネです。素材には冨山産のコシヒカリの米粉のほか、国産のいちご、ショウガなど、それぞれの味と風味がしっかり感じられる豊かなフレーバーが揃っています。「宝つくし」「花つくし」「貝つくし」など、繊細な細工のモチーフがかわいらしいミニサイズの落雁が10個ずつパッケージされています。コンパクトで軽いので、お土産やプチギフトにも最適です。

ブランド名:大野屋
商品名:高岡ラムネ詰合せ4個入(お取り寄せ可)
紹介記事
創業170年の和菓子屋さんが作る大人のラムネ(山田玲子)
季節ごとに表情を変える京都「鍵善良房」の落雁「うつろひ」
 full 64a00d44 f96a 461f a4ee 1a645fac428a
 full 722f7439 7c9f 48c2 900e 3246fab2a53c
京都・祇園の四条通りに本店のある「鍵善良房」は、「くずきり」が人気の老舗京菓子店。こちらでは落雁の普及活動にも力をいれていて、日本の四季や美しい日本の風景をモチーフにした切り出し落雁「うつろひ」をはじめ、季節ごとにデザインの変わる落雁に出会えます。製法は伝統的でありながら、デザインはモダンでかわいらしくもあります。箱の蓋を取り、そっと薄紙を開くと、美しい色あいの四角い落雁が顔を出します。季節を感じながら良質のお茶といっしょに味わいたくなります。
紹介記事
伝統がモダンに変身した祇園「鍵善良房」の落雁(後藤晴彦(お手伝いハルコ))
バニラ&チョコ味!しかも動物モチーフが新しい「UCHU wagashi」の「animal」
 full 8a112235 00e5 42b5 adfe ae67aa00309f
 full 75723391 5750 4252 922c b0ef94786240
2010年、京都に生まれた「UCHU wagashi」は、“人をわくわくさせたり、幸せにする和菓子”をコンセプトにした和菓子のお店。日頃、和菓子に興味のない人の心にもひっかかるような、現代的な感覚で作り出されている和菓子を展開しています。そんな中でも、大人も子どもも喜ぶ落雁が「animal」です。グラフィックデザイナーの木本勝也氏によって考案された落雁で、シロクマ、ハリネズミ、ロバ、アシカ、ブタ、ゾウといった動物がモチーフ。その形にまずは驚きますが、フレーバーも特徴的でバニラ味とココア味の2種類。
落雁の味が苦手な人でも食べやすく、全8種類の動物のどれが入っているかは箱を開けてのお楽しみ。遊び心のある京都土産としてもおすすめです。
紹介記事
老舗和菓子店が多い京都で若者の心をキャッチする「UCHU wagashi」の落雁(伊能すみ子)
ポップな色使い!3種のフルーツの果汁を使った爽やかな落雁「mix fruits」
 full 4e2cdf3a 143f 488d 879f 6ff6e5eb88ee
 full 8f338afc 15e6 41da 985c 88f14bbcf559
続いても京都の「UCHU wagashi」から、ポップな落雁をご紹介します。「mix fruits」と名付けられたこちらは、フランボワーズ、キウイ、オレンジの3つのフレーバーが楽しめる落雁。和三盆を使い伝統的な製法を用いつつ、3種類のフルーツの天然果汁を使って作られたゼリーを閉じ込めています。口に含むと、フルーツのさわやかな酸味に和三盆の優しい甘さがなじみ、今までにない感覚の落雁に仕上がっています。落雁だとはわからないパッケージも魅力。洋菓子感覚で食べられるニュータイプの落雁です。
紹介記事
古くて新しい、京都のモダン和菓子ブランド『UCHUwagashi』のフルーツ落雁(梅津貴宏)
金沢で見つけた!「薪の音金澤」オリジナル落雁は上品で奥深い味わいが魅力
 full 612ef150 b8b8 41b7 8456 665c08f250d8
 full 4bd0e718 0b90 48c3 bc9c ad626ff3feeb
金沢には三茶屋街と呼ばれる三つの茶屋街がありますが、その中の一つであり、最も規模の大きな「ひがし茶屋街」は大人気観光スポットです。新しいお店も次々とオープンしていて、1日2組限定の宿「薪の音金澤」もその一つ。建物の一階には宿泊者以外も利用できるティーサロンとセレクトショップがあり、そこで販売されている落雁が「干し柿生落雁」です。こちら、金沢の老舗和菓子店「諸江屋」製で、正方形にカットされた2枚の落雁で干し柿をサンドしたもの。食感はソフトで上品な甘さになっています。そしてもう一つ。「落雁十彩」は、黒糖、玄米、えんどう、ほうじ茶などなど、10種類の落雁を1つずつ楽しめるアソートになっています。
紹介記事
差が付く金沢土産!10味の落雁食べ比べセットと、もっちり干し柿生落雁(雅珠香(あすかりん))
食べ終わっても使える木綿のぽち袋もかわいい!「亀屋良長」の「宝ぽち袋」
 full de3d70b8 96d7 4036 9081 87cc99b82147
 full 6ef93325 2ba3 4164 ba17 a04133cd4919
 full 0e922169 d699 4eb5 96c9 1ab4003a433b
創業享和3年の老舗和菓子店「亀屋良長」。数ある京都の和菓子屋さんの中でも、特に長い歴史をもつお店の一つです。そんな「亀屋良長」には数多くの和菓子がありますが、京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」とのコラボレーション商品として注目を集めているのが、12個の小さな落雁のセット「宝ぽち袋」です。カラフルでポップな和柄の伊勢木綿製ぽち袋に入っていて、昔ながらの和三盆で作られた落雁は口溶けがよく、打出の小槌、金嚢、巻物、小判などの縁起ものがモチーフ。自分用、お土産用といくつも購入したり、外国人へのプレゼントにも喜ばれますね。
紹介記事
ささやかな贈り物に!縁起のよい宝尽くしの和菓子「宝ぽち袋」(神森真理子)
ippin編集部

関連コンテンツ