Icon loading md
6875078 full eb508a00 83ae 4070 9dbb 2a4ba28c7e3a
今市隆二 (三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE) - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
2018.07.16 22:05
3日間にわたって繰り広げられてきた熱演もついにラスト。「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018」の大トリを飾るのは、そう、今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)だ! 名前がコールされ、バンドが演奏を始めたところで、ベージュのスーツを着た今市がステージに登場! 割れんばかりの歓声が客席全体から鳴り響く。金色のマイクを握り、ダンサーを従えての「Over&Over」でキックオフされたライブは、これから全国ツアーを控えた今だからこその仕上がりぶり。軽やかにステップを踏みながら、「みなさん、盛り上がってますか! さらに盛り上がっていきましょう!」と一言ののち、ソロ第2段シングル「Angel」へ。笑みを浮かべながら、リラックスした表情で歌い、躍る今市の姿が印象的だ。昨年同じイベントに出演したときとは明らかに違う雰囲気に、この1年の変化や進化を感じずにいられない。
6875078 acytodth full 4c55a115 ff17 452e b3b9 fb3f2bfb61a6
Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
「アリーナ盛り上がってますか! スタンド盛り上がってますか! 横浜アリーナ盛り上がってますか!」と絶叫する今市に大きな声で応える客席。続けてサングラスを取ると、ここでも大きな歓声が上がる。ソロとして初めてのステージになったり、そして新曲の初披露の場になったり、J-WAVE LIVEとは浅からぬ縁をもっている彼。今日も他のアーティストのライブを観ていたそうで、特にm-floのLISAとは今度一緒に曲を作ろうと話をしているほどなのだとか。

そんなトークから続けて歌われた曲はソロ第一弾シングルとなったメロウな本格R&B「ONE DAY」。感情の襞を優しく撫でるような今市のベルベット・ボイスが、さまざまなニュアンスを纏って届けられる。そしてそのままポップでスウィートなミドルチューン「Change My Mind」へ。甘く濃密な空気がステージから放たれる。
6875078 lhyfxlzg full c9ab1a7a 1b54 4dec 988c 505a807caac0
6875078 hkjqsqdh full a703b4a4 e61c 4f94 8cab ec63f1c4cf21
ドラムが次の曲のカウントを始めたところで、その曲がラストであることが今市の口から告げられると、客席からは悲鳴が。最後は「君の瞳に恋してる」のカバー!「Say ho!」のコール&レスポンスをしながら、花道を歩いて客席のすぐ側まで近づいて歌う今市のフレンドリーさ、サビのリフレインを歌う彼の屈託のない笑顔、観ていて気持ちよくなる光景だ。最後はバンド、ダンサーとともにタイミングを合わせてキメ! グッとくる一体感とともに本編は終了した。
6875078 fdofznis full 0818a9df e51f 4f5a a09f 9076ad2e0c6b
とはいえ、もちろん、これでは終われない。鳴り止まない拍手に応えて、再びステージに戻ってきた今市とバンドメンバー。今市はイベントのオフィシャルTシャツを着て、しかも「生地がいい」とオススメしている(笑)。8月1日に初のコンプリート・アルバムをリリースすることを告知しつつ「何話そうかな……」とはにかむ姿も。続けて、西日本の豪雨災害に対しての想い、歌に込めたもの、そして人への感謝を語ると、場内からは温かい拍手が鳴り響く。そして最後に歌われたのは「Thank you」。真摯なメッセージが穏やかなサウンドと伸びやかなメロディにのせて届けられる。曲が終わるとダンサーとバンドを紹介してフィナーレ。去っていくときの満足げな表情が、このライブの充実ぶりを雄弁に物語っていた。
6875078 kytfzoni full aaaed68c b220 44e4 9ad7 51aec37e51e3

関連コンテンツ