クリスチャン・ディオールが認めた日本の器とは?【窯元インタビュー】
GOETHE
2018.07.16 12:00
2010年から、フランス・パリのディオール本店で取り扱われている「ぎやまん陶」。1921年、岐阜県土岐市にて創業し、ピーク時には日本一の生産量を誇っていた美濃焼の窯元「カネコ小兵(こひょう)製陶所」の器だ。創業時は、神仏具や徳利の生産に力を入れていたが、20年ほど前から食器の生産に着手。深みのある色合いが特徴の「ぎやまん陶」シリーズは、今や同社の看板製品となった。2020年には100周年を迎える老…

あわせて読みたい

飾るだけで絵になる。ミシュラン星シェフも認める美濃焼の皿
e-Begin
特選“陶磁器”:ダイエットを意識したら「量るカロリー茶碗」がおすすめ
Premium Japan
日本発の高品質なプロダクトが日本橋三越本店に集結 - 漆塗りのりんごやパステルカラーのこけしなど
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
名古屋テレビ塔下で東濃の地酒と美濃焼を楽しめるイベントが開催!
Walkerplus
富士山に見立てたユニークなおろし器「富士山おろし」
Premium Japan
遊び心とアイデアが光る、富士山グッズ 4 選
Premium Japan
仏メゾン・エ・オブジェで“岐阜の匠の技”を見せる
GQ JAPAN
1枚1枚の花びらが美しい、大人かわいい器たち~あそれいさん(麻生怜菜さん)のお気に入り
レシピブログ くらしのアンテナ
日本の伝統色。でも今っぽい感じの「茄子紺ブルー」の器。
ippin
窯元で職人を支える裏方“おかみ”の陶器たち。新たな美濃焼の魅力を発信
FASHION HEADLINE
富士山おろし
e-Begin
器の形を変えて日本酒の味の違いを楽しめる。4種類の盃セット「一献盃」
roomie
【岐阜県】日本の岐阜から世界の「GIFU」へ 〈SEBASTIAN CONRAN GIFU COLLECTION〉
コロカル by マガジンハウス
茶菓子の代わりにマカロン。そんな「モダンな茶道」が話題です!
re:sumica