NakamuraEmi - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
2018.07.15 16:20
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018」2日目、オープニングアクトを務めるのはNakamuraEmiだ。社会人経験を経て2016年に33歳でメジャーデビューしたという「遅咲き」な経歴の持ち主だが、デビュー以来、その切れ味のある歌詞とパワフルな歌唱でどんどん信奉者を増やしている要注目の存在である。
Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
本日の「案内役」を務めるJ-WAVEナビゲーター、渡辺祐と浦浜アリサによる挨拶のあと、大きな拍手とともにステージに呼び込まれたNakamuraEmi。出てくるなり深々とお辞儀をして挨拶。「いい夏の1日にしましょう」と「YAMABIKO」からライブがスタート。ギターのカワムラヒロシとヒューマンビートボックスの朝光介(from カサリンチュ)を従えたごくシンプルな編成から、いきなりとんでもないエネルギーを放射してみせる。小さい身体を思い切り躍動させ歌うNakamuraEmiの姿に、横浜アリーナに集まったたくさんのオーディエンスの視線が釘付けになる。
歌っているときの鬼気迫るようなテンションと、曲間のMCでの丁寧な口ぶりの落差にも驚かされるが(「のってるかぁ〜!」という呼びかけも微笑ましい)、そのギャップもまた彼女の魅力。続く「新聞」は朝日新聞のCM用に書き下ろされた楽曲。時代に対する彼女なりの批評眼が優しい曲調の中に込められた、NakamuraEmiというアーティストのユニークさを際立たせる曲だ。
ラストとなる3曲目は最新アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』から「かかってこいよ」。自身の中にある「敵」と必死に闘う姿を鋭い言葉で描くこの曲こそ、NakamuraEmiの最新型にして真骨頂。彼女がステージを去ったあとの会場には、どよめきと余韻が残っていた。

あわせて読みたい

NakamuraEmi、新AL初回盤よりライブBlu-rayのティザー映像公開
BARKS
NakamuraEmi、心に突き刺さる歌詞で観客を圧倒!「たくさん会えるように」横浜アリーナで立てた誓い
J-WAVE NEWS
教えて、洗濯ハカセ! いまの時代、洗濯洗剤はどう選べばいい?
antenna*
NakamuraEmi「2016.01.20 → 2020.02.05」と名付けられた動画で重大発表
Rolling Stone Japan
「日本の女を歌う」NakamuraEmi ~野村雅夫のラジオな日々vol.25
GOETHE
今注目の若手俳優 眞栄田郷敦さんの原点、ライフスタイルとは!?
UR LIFESTYLE COLLEGE
NakamuraEmi、アルバム発売記念イベントを5都市で開催
BARKS
NakamuraEmi、メジャー4th AL『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』2月発売
BARKS
この春登場!シチズンから数量限定コラボモデル
OZmall
NakamuraEmi、Zepp DiverCity公演のライブ盤配信リリース決定
BARKS
NakamuraEmi、バスで撮影「東京タワー」MVで乗客の生き様描く
BARKS
スガ シカオと著名人が、ここだけの音楽談義。J-WAVEで毎週日曜22時から「空想ドライブ」中!
J-WAVE
NakamuraEmi、虐待防止がテーマの楽曲「ふふ」MV公開
BARKS
NakamuraEmi、ライブ映像をプレミア公開&重大発表のあるトークライブも開催
BARKS
少しずつなら大丈夫?堀田茜と学ぶ、週に1度30分のSDGsプログラム
J-WAVE
NakamuraEmi、最新AL『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST2』インストver.リリース決定
BARKS
NakamuraEmi、有観客開催中止のツアーをアコースティック&バンド編成の配信ライブで開催
BARKS
そこまで進化したか…!話題の洗剤・アタックZEROを徹底解剖
antenna*
異色の経歴NakamuraEmi、女性の“ばけもの感”を歌う!? | ananweb - マガジンハウス
anan web
NakamuraEmi、メジャー4th ALビジュアル公開+リリース記念イベント&全国ツアー決定
BARKS