Icon loading md
6871341 full 585da748 120c 4f97 9626 c7fd0094713b
大橋トリオ - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
2018.07.15 18:10
先程レキシがMCで出演順をネタバレしてしまったとおり(笑)、続いての登場は大橋トリオである。昨年までは3年連続で「スペシャルバンドマスター」として出ずっぱりだった大橋トリオだが、今年はいちアクトとしての出演。それでも、やはり彼がJ-WAVE LIVE SUMMER JAMを支える「マスター」であることは変わらない。その証拠に、アーティスト名がアナウンスされるとアリーナからは大きな拍手が起きた。
6871341 ghethkra full 186a7e13 020b 4b28 a2c7 2f05959422fe
Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
涼しげなネイビーのセットアップにグレーのハットをかぶってステージに現れ、最初に披露したのは「鳥のように」。歌い終えピアノの前に座った大橋。「池田、コラ!」とレキシをイジりつつ「乗っかろうかな」と取り出したのはツン(犬)のぬいぐるみ! それを傍らに置いて静かにピアノを弾き始める。磨き上げられたピアノに映るツンの表情がカメラで抜かれると客席からは笑いが起きるが、ピアノにバンドの音が重なり出すと、自然と大橋トリオの世界に惹き込まれていってしまう。
6871341 lwgckibn full 83e42007 e818 467b b755 d25b1aedeb51
一転してビートに合わせて手拍子が巻き起こった「VENUS」では美しいメロディに加えて泣きのギターソロを響かせたあと、MCタイム。昨年までのスペシャルバンドマスターとしての大変さを思い起こしながらも、4年連続での出演をオファーしてくれたJ-WAVEに感謝の意を述べる。ギターを持ち替え、「そんなことがすてきです。」へ。ストレートなロックサウンドにのせて優しいメッセージがアリーナの隅々に広がり、ステージには温かな手拍子が送られた。
6871341 kbvmedxu full e9cfe942 d7ad 4c22 be36 5ef20f29ea9a
「ありがとうございました。最後はちょっと、わけわからない感じになって終わろうと思います」という大橋の言葉から、「ワン、ツー!」のカウントともに始まったのは「面白きかな人生」。メンバーそれぞれの個性が重なって生まれるアンサンブルの上で、軽やかにステップを踏むような大橋の歌。大橋「トリオ」だけどひとり、でもやっぱりバンド……という不思議なアーティストだが、飄々としながらジャンルもタイプも違う珠玉の名曲を次々と生み出して鳴らしてしまう存在感はやはり唯一無二のものだ。
6871341 pnpsdlkj full aabf7af1 95e0 4f07 b2cc c0b62e8d2cf9
今日も大橋は最後まで飄々としながら、「次のアーティストは……」と言いかけてステージを下りたのだった。

関連コンテンツ