Icon loading md
6871339 full 9a05bb96 a98e 4d9f 8d8d 799c2129bff1
スキマスイッチ - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
2018.07.15 20:15
休憩を挟んで、後半戦のトップバッターはスキマスイッチ!昨年は福耳としての出演だったが、今年は単独でのラインナップ。夏の暑さを味方につけて爆発させるような「ガラナ」からハイテンションにスタートだ。ボーカル大橋卓弥とピアノ常田真太郎のふたりをサポートするバンドの演奏も初っ端から力いっぱい盛り立てる。
6871339 wkdqevsk full 06748180 39ca 43c5 af97 e6741b1a03b0
Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
「どうもスキマスイッチでーす!」と大橋。「最後まで楽しんでいってください!」という言葉に続けて、名バラード「奏(かなで)」が始まる。一転して、しんと静まって歌に聴き入るオーディエンスの姿が印象的だ。時折目を閉じながら感情を込めて歌う大橋の声がアリーナをじんわりと包み込んでいく。
6871339 xbaqtygn full 048b64da 8505 4373 8d1c 51ff3a7e67e3
6871339 gjuhsoph full 8025d6b4 4ea6 455a add9 c82b361de88c
「ミスターカイト」ではメッセージ性の強い言葉を矢継ぎ早に繰り出し、スキマスイッチというグループのシリアスな側面を垣間見せ、続くアッパーチューン「Ah Yeah!!」では大橋がハンドマイクで舞台の花道にまで乗り出し客席に直接歌いかける。いろいろな顔を見せながら、根っこにある歌のパワーを真正面から届けようとする彼らの挟持が、1曲ごとにビシビシと伝わってくるようだ。そんなライブが最高潮に達したのは、もちろんこの曲。アリーナ中と声のコミュニケーションを取った上で「準備はいいかい、横浜アリーナ!」と始まった「全力少年」だ。
6871339 kifdryli full 17ce21e4 6622 4402 bf9c c02686e5d94a
歌いながら花道を歩き、アリーナ後方まで進んでいく大橋。お客さんとハイタッチを交わしながら、サビではオーディエンスの声にすべてを委ねる。みんなに愛された曲、みんなに愛されたグループだからこそできる文字通り「全力」のパフォーマンスに、もちろん客席は大盛り上がり。最後は大橋がピアノの上に立ち上がってからの大ジャンプでキメ! 圧巻のクライマックスだった。
6871339 tmlqtjvv full 3764601a 87a1 4e18 8b80 e5d08d9b287c
ここでバンドメンバーが退場。「初めての方も多かったと思いますけど、みんなであったかく盛り上がってくれて嬉しかったです」という大橋の挨拶を経て、最後は大橋と常田のふたりだけによる「未来花」。じっくりと一言一言を噛みしめるように、紡がれる歌。ライブが終わったあとも、フロアには静かな余韻が漂っていた。

関連コンテンツ