cero - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
2018.07.14 18:20
2組目、サポートメンバーを含む総勢8名の編成でステージに立ったcero。ツートンカラーのシャツを着た高城晶平がフルートを吹くイントロから「Summer Soul」へ。今年はニューアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』をリリースし、6月まで全国ワンマンツアーを行っていた彼ら。ツアーを経て完全に仕上がった状態のバンドは、コンビネーションもグルーヴもまさに完全体。ちょっとした息遣いや音と音との隙間にも、濃密な空気が詰まっているような、質量のある音が会場を覆っていく。
Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
パーカッションと変拍子、コーラスがエキゾチシズムを醸し出す新作からの曲「魚の骨 鳥の羽根」が放つ独特の雰囲気は圧巻。テンションの髙いアンサンブルに、客席も思わず息を呑む。
演奏を終え「どうもありがとう」と高城が一言。そのまま、今度はカウベルやタンバリンなどの打楽器が先導しながら「Buzzle Bee Ride」へ。『POLY LIFE MULTI SOUL』の中でもひときわ印象に残る曲だ。高城のボーカルが女性コーラスと互いに折り重なりながら徐々に熱量を上げていく。
もはや「洋楽的」とすら言えないようなオリジナルでプリミティブなリズムとメロディの実験。ceroというバンドが今鳴らしている音楽はそういうものだ。でも、歌には確かに日本人の情緒が込められているし、最終的にアウトプットされる楽曲はポップで踊れるものになっているのが不思議なところ。次に披露された「Yellow Magus」のひときわポップなメロディとストレートなメッセージが、じつはかなり器楽的に複雑なことをやっているにもかかわらずシンプルに聞こえるのは、ここまで幅を広げ深みを生み出し続けてきた彼らの進歩ゆえだろう。橋本翼のギターソロも気持ちよく決まり、ライブは一気にクライマックスへ。
音楽を心から楽しむような表情を浮かべつつ、「早いですけど最後の曲です」と高城。そうして演奏されたのはニューアルバムのタイトル曲「Poly Life Multi Soul」だ。ステージの一番前まで出て、大きく手を振る高城。このメンバーでしか鳴らせない音、それをどんな場所でも変わらずにやる、ceroの素朴で強固な意思が、こうした大舞台だからこそはっきりと見える……そんなライブだった。

あわせて読みたい

ceroの新曲、初オンエア! 音楽活動を始めた頃の思い出を語る「階段の踊り場で…」
J-WAVE NEWS
異なる拍子が同時に存在? ceroが新アルバム発売 | ananweb - マガジンハウス
anan web
cero 東京発ポップバンドの現在 ~野村雅夫のラジオな日々vol.9
GOETHE
cero新作『POLY LIFE MULTI SOUL』を高城&荒内が語る! キーワードは「ダンス」
J-WAVE NEWS
cero(セロ)が生み出す、ミクスチャー感ある東京のポップス
MEN'S Precious
cero・髙城晶平×Suchmos・YONCE、2010年代を切り拓いた両雄の視点
Rolling Stone Japan
ceroが所属「カクバリズム」代表・角張渉が語る、レーベルの裏話! 予算がなくても…
J-WAVE NEWS
cero・髙城晶平とSuchmos・YONCE、RSJ最新号で夢の対談が実現
Rolling Stone Japan
ceroの髙城晶平がShohei Takagi Parallela Botanicaで目指したオルタナティブな新世界を探る。
WHAT’s IN? Tokyo
ceroの高城晶平、横山剣らが参加。VIDEOTAPEMUSIC初の”歌モノ”アルバムが7月24日にリリース
Mastered
《cero高城晶平》が選んだプレイリストをおさらい!【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
《cero高城晶平》にインタビュー!今後もずっと聴いていける音楽とは?【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
《cero高城晶平》が選ぶ、新生活ソング【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
《cero高城晶平》が選ぶ、たのしかった青春ソング【火曜日のプレイリスト】
FUDGE