Icon loading md
6868102 full 9bbcadb6 6e40 4b4a af6b 92643789c1ad
Nulbarich - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
2018.07.14 18:00
オープニングアクトに続いて、いよいよトップバッターが登場! 本イベント初出演となるNulbarichだ。灯りの落とされたステージで、ゆったりとしたセッションが始まる。フロントマンのJQが「楽しんでいきましょう!」と声を上げると早くも歓声が上がる。確かな演奏力をもつバンドをバックに、JQの雰囲気抜群の歌声が気持ちよく響く。まずは華やかなスケール感をもった「Follow Me」。JQの求めに応じて会場中の手が挙がり、左右に揺れる。さすが、デビュー2年足らずで武道館ワンマンまで上り詰めてしまったバンド。ライブでお客さんを巻き込んでいくのもお手の物だ。
6868102 vkmcfyys full 06a847e6 75ff 4342 a9d4 989d5b6b81c0
Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
続いては4つ打ちのリズムとクリアなギターの音色が軽やかに飛翔する最新曲「Kiss You Back」。CMソングとしてもオンエアされ、多くの人にとって2018年の夏を象徴する1曲になるはずのこの「Kiss You Back」、聴けば聴くほど心が踊る感覚を覚え、同時になぜか少しの切なさも感じさせる、まさに「夏」そのもののような楽曲だ。
6868102 abpknfou full 53adfce9 6456 40ea 906f 4594c75ff714
「今日暑いっすねえ。はじめまして、Nulbarichと申します。あの、こんなたくさんの人の前で話すことがないんで緊張してます。相変わらずしゃべると事故るし……(笑)。でも、僕たちの音楽を嘘偽りなく皆さんに届けることが、できることかなと思ってます」
6868102 fvdyoykx full 69f362ff fb17 45cf 8ffa b0359601c7f0
そんなMCに続き、「何か新しいことに向かうとき、『こっからだぜ』っていう曲、歌っていい?」とJQが歌い始めたのは彼らの名を一躍世に知らしめた「NEW ERA」。続く「Zero Gravity」では客席を「踊りますか?」と煽り、激しいサウンドを繰り出していく。淡々と演奏を続けてきたメンバーも、体を大きく動かしていて、昂ぶっているのが客席にも伝わってくる。
6868102 gjwflbxg full 73619d9b 311d 458b a17a 8d6f077dd913
「悔いは残さないタイプ!」という言葉から「ain’t on the map yet」に突入すると、客席の温度も一段上がる。JQのファルセットボイスが涼しげに鳴り渡る。「歌える人は歌って、歌えない人は踊って。ね」というJQの言葉どおり、お客さんひとりひとりが自分なりの楽しみ方で音楽を受け取っている。いい光景だ。
6868102 nbomtzxc full d7dc4e90 7c53 43dd 96c7 b19abe69be69
ラストは「Almost There」。「必ずまた戻ってくる」という強い意思を表明、その飄々とした表情の裏側にある熱いモノを垣間見せたJQの思いは、力強いキックドラムに乗って横浜アリーナの隅々にまで届いていた。

あわせて読みたい