真備町浸水、50年間棚上げされた「改修計画」
東洋経済オンライン
2018.07.13 08:00
未曾有の豪雨災害に見舞われた西日本では、現在も懸命の復旧作業が続く。

特に被害が大きかったのは、岡山県倉敷市真備町での堤防決壊だ。現場は高梁川と小田川が合流する手前で、本流である高梁川の水位上昇により、支流の小田川の水が流れにくくなったことが、堤防決壊の引き金となった。

■半世紀前からあった計画

小田川をめぐっては、高梁川との合流地点を付け替える工事が今秋に予定されていた。小田川が高梁川と合…

あわせて読みたい

大氾濫を引き起こした異常放水の主因は「初動の遅れ」。西日本豪雨災害は明らかに「人災」だ
HARBOR BUSINESS Online
「西日本の豪雨災害は、代々の自民党政権による人災」河川政策の専門家、嘉田由紀子・前滋賀県知事が指摘
HARBOR BUSINESS Online
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」
HARBOR BUSINESS Online
熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか?
HARBOR BUSINESS Online
ダムが洪水・地震を引き起こす!? 大災害が起きる前に「ダムに頼らない社会」を
HARBOR BUSINESS Online
東京の「大水害」いつ起きてもおかしくない実状
東洋経済オンライン
3か月過ぎても復興進まず。平成30年豪雨被災地、肱川水系の現在
HARBOR BUSINESS Online
ダムを境に被害が分かれていた肱川大水害。復興進まぬ肱川水系調査で判明
HARBOR BUSINESS Online
「気温が4℃上昇すると4倍増える」地球温暖化と水害が増える可能性を識者が指摘
TOKYO FM+
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
中国・長江流域の洪水、1500万人が避難
AFPBB News オススメ
水害増大をもたらす開発計画の見直しを求める裁判活動への支援をお願いします!
CAMPFIRE