デビュー35周年の節目に登場した5000系フルメタルGって、とっても革新的!|やっぱりG-SHOCKが好き。
d.365
2018.07.10 20:00
『G-SHOCK』は、僕らにとって最もリアルで、最も身近に感じられるプロダクトの筆頭に挙げられるはず。なぜって、子どもの頃からG-SHOCKは「タフな腕時計」の代名詞として存在。アクティブなシーンでも正確に時を伝えるツールとしてはもちろんのこと、ファッションやカルチャーともシンクロすることでオンリーワンの魅力を放っているのだから──。2018年、G-SHOCKは誕生から35周年の節目を迎えたが、そ…

あわせて読みたい

フルメタルG-SHOCKからベル&ロスのダイバーズまで。今年あなたの腕を飾るリアルプライスウォッチ5選【いま欲しい2018年ベストアイテム】
d.365
「AW-500」のフォルムを継承したフルメタルG-SHOCK
PR TIMES
そこまで進化したか…!話題の洗剤・アタックZEROを徹底解剖
antenna*
G-SHOCK初のアナログとデジタルのコンビモデル「AW-500」がフルメタル化
Men's Beauty
初のアナログモデル「AW-500」がメタル化するまで<G-SHOCK進化のカギを握る男たち⑤>
&GP
教えて、洗濯ハカセ! いまの時代、洗濯洗剤はどう選べばいい?
antenna*
【直撃取材】金無垢G-SHOCKの製品化はこうして決まった!
MonoMaxWEB
57gも軽量化を果たしたチタン製スクエアG-SHOCKが限定製造である理由
WATCHNAVI Salon
時計選びの5つのポイントとは? MEN’S EX編集長が選んだ1本はコレ
antenna*
ケースにエイジングを施したヴィンテージ感あふれるフルメタルG-SHOCK
Men's Beauty
【G-SHOCKクロニクル】時計界の常識を覆した「落としても壊れない時計」はここから始まった!
GetNavi web
少しずつなら大丈夫?堀田茜と学ぶ、週に1度30分のSDGsプログラム
J-WAVE
1989年リリースの「AW-500」を復刻。さらにフルメタル化モデルもリリース|G-SHOCK
OPENERS
始まりは、ただ一行に込めた企画書だった<G-SHOCK進化のカギを握る男たち①>
&GP
そこまで進化したか…!話題の洗剤・アタックZEROを徹底解剖
antenna*
G-SHOCKのアナログ×デジタルウオッチ「AW-500」フルメタル化モデルが登場
FASHION PRESS[ファッションニュース]
外装にチタンを採用した“G-SHOCK” 「5000」シリーズ
PR TIMES
【数量限定】MEN’S EX編集長が教える今買うべき時計はコレだ!
antenna*
初号機のフォルムを継承したチタン外装のフルメタル「G-SHOCK」
Men's Beauty
じつは日本製! 見た目も機能も強力なフルメタルGショックは、人生最後のデジタル時計になる
e-Begin