新旧アート溢れるバロックの都、アントワープを街歩き
PARIS mag
2018.07.10 06:00
ヨーロッパはほとんどが陸続きなので、ちょっとした遠足気分で気軽にいろいろな都市へ行くことができるのが魅力。この夏のパリ旅行+αで旅行計画を立てるなら、ぜひおすすめしたいのがベルギーのアントワープです。 アントワープは、バ…

あわせて読みたい

【今月の絶景】2018年に訪れるべき都市に選出! アントワープの「絶景建築」BEST3
COURRiER Japon
ネロが憧れた画家ルーベンスは、嫌味なくらい「できる男」だった|ベルギー・アントワープを訪ねて
COURRiER Japon
映画を観ている気分に!? 「ルーベンス展―バロックの誕生」。
クロワッサンオンライン
ヨーロッパ第二の港町アントワープで、美食の旅
PARIS mag
ルーベンス展を何倍も楽しむための4つの話題。
クロワッサンオンライン
「フランダースの犬」の舞台、ベルギーの世界遺産「アントワープ聖母大聖堂」の魅力
GOTRIP![海外]
『フランダースの犬』でもおなじみ。国立西洋美術館で「ルーベンス展―バロックの誕生」が開幕
美術手帖
コート下のコーデ
@BAILA
「王の画家にして画家の王」国内過去最大規模の「ルーベンス展」その内容とは
美術手帖
やわらかな頬、筋骨隆々の肉体
東洋経済オンライン
「ルーベンス展ーバロックの誕生」上野・国立西洋美術館で - 作品から見るイタリア・バロック美術
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
【アート】国内過去最大規模のルーベンス展が開幕 『ルーベンスぴあ』も発売中!
ぴあ映画生活
エルメス時代のマルジェラを訪ねて、アントワープへ。
madame FIGARO.jp [Travel]
「画家の王」ルーベンスとイタリア。その芸術形成のプロセスを読み解く
美術手帖