一度使えばクセになる!ひと手間でご馳走にアレンジできる「使える」魚の缶詰レシピ
ippin
2018.07.09 17:00
「忙しくて料理をする時間や気力はないけれど、それでも栄養のある魚を美味しく食べたい」と思うときはありませんか? そんなときにおすすめしたいのが魚の缶詰です。いつでも保存状態を気にすることなく、パカッと開ければすぐに調理済みの魚が食べられる隠れた優れモノ。この記事では乗せる、混ぜる、和えるなど、たったひと手間のアレンジで絶品のお料理に変身する、魚の旨みが十分に感じられる缶詰を集めました。
燻製サバの香ばしさと旨みが凝縮されたオリーブオイル漬け!野菜と和えればサバディンパスタに
サバの水揚げ量が多い沼津港で開発された、燻製サバのオイル漬け「オイルサバディン」です。煙にいぶされることでサバの旨みと香ばしさが増し、そのサバをつけたオリーブオイルも風味が豊かに。カットした野菜とサバディンをパスタに和え、塩コショウをふれば味わい深いサバディンパスタに。パンに乗せればカナッペに早変わりと、重宝する逸品です。

ブランド名:かねはち
商品名:オイルサバディン(お取り寄せ可)
紹介記事
「缶詰グランプリ」金賞受賞!次世代オシャレ缶詰かねはちの「オイルサバディン」(浅井 有美)
エキストラバージン・オリーブオイルの豊かな香り!一度知ったらこれ以外食べられなくなるツナ缶
ツナ缶の油がちょっとしつこいという方におすすめしたいのが、良質なエキストラバージン・オリーブオイルを使用した「ツナカン」です。化学調味料や添加物を使うことなく引き出されたマグロの旨みと鼻の奥を刺激するオイルの香りが抜群!そのまま和えものでも、クリームチーズと合わせてディップにも、さらりとしたオイルだからこそ持つ応用力の高さも魅力です。

ブランド名:株式会社ヴィボン
商品名:ツナカン エキストラバージン・オリーブオイル使用(お取り寄せ可)
紹介記事
気軽に使えるEVオリーブオイルのフレッシュ高級ツナ缶(真藤舞衣子)
イワシの美味しさは世界共通!見せたくなるデザインも嬉しいフランスのオイルサーディン缶
フランスの港町キプロンで製造されるオイルサーディン缶は、そのままでワインのおつまみにもなるようなフレーバーが勢ぞろい。通常とは違い、低温のオイルで火を通してから缶に詰められたイワシは、身がふっくらとして柔らかく脂っぽさが気になりません。サラダに混ぜたり、パスタソースに加えたり、ハッとするご馳走に仕上がります。

ブランド名:アクアメール
商品名:【la belle-iloise】 オイルサーディンシリーズ サーディンセット(お取り寄せ可)
紹介記事
仏ブルターニュ産!身がふっくらして脂っこくないから食べやすいオイルサーディン缶詰(勅使河原加奈子)
海産物が豊富な国ポルトガルの「オイルサーディン缶」を使ったイワシパスタ
海沿いの国ポルトガルでは、豊富な海産物の缶詰を料理して楽しむ文化があります。中でもオイルサーディン缶を使ったレシピが人気です。イワシパスタはカンタンで美味しく絶品なことから定番だとか。サーディン缶とにんにく、玉ねぎを一緒に炒め、パスタにからめるだけ。お好みでパクチーや鷹の爪をトッピングすれば味わいのアクセントになります。
紹介記事
缶詰バーや誕生日缶もある!缶詰王国ポルトガル(ポルトガル大使館)
これ以上ない相性の良い組み合わせ!焼きサバのアヒージョを缶詰で!
サバ漁獲量1位の茨城県で作り上げられた「焼き鯖のアヒージョ」。サバ好きにはたまらない組み合わせで、にんにくや唐辛子、焼きサバの刺激臭が食欲をそそります。温めるだけで美味しいサバ缶ですが、カットした野菜と一緒に汁ごと火にかけるだけで極上の一品が出来上がり!醤油など和の調味料が加えられているため、ご飯との相性もバッチリです。
紹介記事
【缶詰アヒージョ特集その1】缶詰業界に新しい風を巻き起こす!焼き鯖のアヒージョ(缶詰博士 黒川勇人)
ippin編集部

あわせて読みたい