料理というのはモノによって扱いを変える、材料を見分けて使う、ここが大切です――田村平治(「つきぢ田村」主人)
クロワッサンオンライン
2018.07.09 07:35
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、日本料理の名店を築いたあの人の言葉から、料理の真髄にふれてみましょう。 文・澁川祐子 1977年7月号「夏野菜」より 料理というのはモノによって扱いを変える、材料を見分けて使う、ここが大切です――田村平治(「つきぢ田村」主人) 田村平治さん(1905-1996)は…

あわせて読みたい

最初から最後まで、油の扱い方がきめ手です――陳建民(四川飯店主人)
クロワッサンオンライン
分量の狂いは失敗のもと――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
ケチは結局ソンになるんだよ――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
一口に足っていったって寸法はかってみると、鼻の形が違うように、みんな違うのよ――荒井義雄(「めうがや」主人)
クロワッサンオンライン
じっと皿を眺めて、これにはこんな料理を盛ってやろうなんて考えるんだよ――茂出木心護(「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
国によって、時代によって、味の好みも作り方も変ってくる――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
難しくてやさしいのが卵料理なんだ――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)
クロワッサンオンライン
安い肉でもワインをふんだんに使って、おいしく煮込むのがフランスのマダムのスペシャリテ――ピエール・フリジャン(シェ・ピエール店主)
クロワッサンオンライン
離婚は結婚した人間の選択できる生き方である――白石かずこ(詩人)
クロワッサンオンライン
お菓子でも料理でも本をみているだけじゃ、いつまでたってもダメ――水野真紀(「トライアングル」店主)
クロワッサンオンライン
シンプルな料理をするときはいっそう、あなたにデリケートな手が必要だ――犬養智子(エッセイスト)
クロワッサンオンライン
額なんて心のぜいたくをする部分なんだからね――中村公一(「ラパン・アジル」店主)
クロワッサンオンライン
自然の中で、自然そのものをもろに受けながら生活している人たちの作品は必ず美しい――邊見泰子(植物研究家)
クロワッサンオンライン