Icon loading md
6825694 full 99fdf04a 6ffe 476d 98cb ba74508a243e
恐ろしくて美しい4つの短編を収めた川上未映子の新刊。
madame FIGARO.jp
2018.07.05 17:00
ただ壊れ、壊され、そして壊すための物語。
『ウィステリアと三人の女たち』川上未映子著 新潮社刊 ¥1,512
長袖の黒いワンピースを着た、どこか獣じみた印象の女が言う。「ただ壊れていくことと、壊されるということは、別のことなんです」
美しい4つの収録作において、女たちはそうした違いを芯から知ってしまうことと、知らずにおくことの間の、ぎりぎりの危ういところに立っている。

あわせて読みたい