抗鬱剤とのうまい別れ方
Newsweek
2018.07.04 18:00
<アメリカで増加する長期投与――抗鬱剤の弊害への懸念が生まれている>

現代において、鬱病はありふれた病であるとともに大きな問題だ。米国立精神衛生研究所(NIMH)によれば、アメリカで鬱病に罹患している成人の数は1600万人を超え、全体の約6.7%に達するという。

最近になってアメリカにおける抗鬱剤の長期的投与が2010年以降で倍増しているとの研究が発表され、常用や禁断症状を懸念する声が上がって…

あわせて読みたい

「薬」=「毒」なので、一気に身体から抜くのが理想的である
現代ビジネス
抗うつ剤の減薬には「SNS断ち」がよく効く
現代ビジネス
味選びも店もこだわりたい!本当のパン好きが【パンスク】を選ぶ理由。
antenna*
他人の便で病気を治す糞便移植、ただし移植する便には気を付けて──アメリカで1人死亡
Newsweek
薬物依存や副作用が危惧されるベンゾジアゼピン系薬剤、世界的な注意喚起アクションが行われる
HARBOR BUSINESS Online
まるでレストランみたい!冷凍パスタ「青の洞窟」が本当に美味しいワケ
antenna*
米大統領選に立候補表明の作家、抗うつ剤に関するツイートで炎上
Rolling Stone Japan
専門家が伝授、コロナ禍で「冬季うつ病」に立ち向かう7つの方法
Women's Health
食べて納得!本当のパン好きが選ぶ宅配サービス【パンスク】とは?
antenna*
冬に気分が落ち込む…コロナ禍での「季節性うつ病」の対処法
コスモポリタン
こんなに苦しいなんて…向精神薬の減薬を始めたきっかけと今の思い - 文・七海 | ananweb - マガジンハウス
anan web
実食検証!「青の洞窟」はグルメ女子納得の冷凍パスタ
antenna*
栄養士がセレクト! 不安やストレスに効く可能性がある12の食材
ELLE gourmet
自力で減薬→病院難民→診断やり直し→方針決定までの長い道のり
現代ビジネス
風間俊介さんの知られざるライフスタイル、仕事への向き合い方に吉岡里帆が迫る!
UR LIFESTYLE COLLEGE
激痛に苦しむ患者の救いになるか? 薬物乱用の危険性は? 米国で新型オピオイドが認可
Rolling Stone Japan
インフル「耐性」を極度に恐れる必要はない理由
東洋経済オンライン
この春登場!シチズンから数量限定コラボモデル
OZmall
個人が「コロナ抗体を売る」アメリカと日本の差
東洋経済オンライン
ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?
Newsweek