「一生薬を飲み続けなければならない」人などほとんどいない
現代ビジネス
2018.06.28 05:45
ノンフィクション作家の上原善広さん、実は長年に渡り心療内科に通い、大量に服薬していました。しかし一向に症状は改善せず、服薬を続けることに疑問を抱き"減薬・断薬"を決意。本連載ではその一部始終をお届けします。…

あわせて読みたい

医師は「治療=薬を出すこと」と洗脳されている
現代ビジネス
抗うつ剤の減薬には「SNS断ち」がよく効く
現代ビジネス
実食検証!「青の洞窟」はグルメ女子納得の冷凍パスタ
antenna*
自力で減薬→病院難民→診断やり直し→方針決定までの長い道のり
現代ビジネス
抗うつ剤を減薬したら、早々に「性欲」が戻ってきた話
現代ビジネス
スガ シカオと著名人が、ここだけの音楽談義。J-WAVEで毎週日曜22時から「空想ドライブ」中!
J-WAVE
薬物依存や副作用が危惧されるベンゾジアゼピン系薬剤、世界的な注意喚起アクションが行われる
HARBOR BUSINESS Online
こんなに苦しいなんて…向精神薬の減薬を始めたきっかけと今の思い - 文・七海 | ananweb - マガジンハウス
anan web
教えて、洗濯ハカセ! いまの時代、洗濯洗剤はどう選べばいい?
antenna*
突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】
OTONA SALONE
「うつ」、「メタボ」も元気に! 知らないと損する最新治療 - 「男性医学の父」が教える最強の体調管理
ダイヤモンド・オンライン
味選びも店もこだわりたい!本当のパン好きが【パンスク】を選ぶ理由。
antenna*
発達障害と診断されてよかった…40代女性が受診した理由
ESSEonline
「あの人、発達障害じゃない?」ブームが産んだ“異常”を精神科医・香山リカさんと考える
女子SPA!
一発でプロ並みの加工ができる!無料でも楽しめる写真編集アプリ
antenna*
発達障害の僕が伝えたい「意識高い系」の人が人生から転落する危うさ - だから、この本。
ダイヤモンド・オンライン
まずは「生きていくこと」が大切。その「生きづらさ」の正体は、もしかしたら「発達障害」かもしれません。悩み多きニューノーマル時代を生き抜くバイブル『会社で「生きづらい」と思ったら読む本』発売
PR TIMES
まるでレストランみたい!冷凍パスタ「青の洞窟」が本当に美味しいワケ
antenna*
危ないのは違法薬物だけじゃなかった!? 体を蝕む薬物依存とは?
FASHION BOX
心を病む人を「薬漬け」にする精神医療への懐疑
東洋経済オンライン