Icon loading md
6771337 full e9447ab2 6be5 4539 b064 21359a71cb57
横浜に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うまいもの”
ippin
2018.06.24 21:30
おいしいグルメやスイーツの激戦エリア、横浜。港町ということもあり、和洋が入り混じった個性豊かなおいしいものが揃います。ちょっぴりレトロなおしゃれ感があるのも特徴。そんな横浜らしいスイーツを、出張に行く同僚にお願いして買ってきてもらっちゃいましょう。みんなで食べればおいしさも2倍になりますよ。
さくさくもちっと鎌倉紅谷の濃厚な「クルミッ子」
 full 5f92bdfb 5519 4fda abca 30b7233d5ec3
 full 1531faed 4ace 42c4 90a5 a683b21cec33
クルミをふんだんに使ったこちらのお菓子、「クルミッ子」。クルミをキャラメルにからめて、薄く焼いたクッキーの間に挟んだものです。キャラメルとクルミの組み合わせは考えただけでも濃厚なイメージです。クッキーのサクサク感とキャラメルのもちもち感の舌触りの面白さ、濃厚な大人キャラメル味と濃厚なクルミの味のハーモニーが絶妙です。お土産にもピッタリですよ。

ブランド名:鎌倉紅谷
商品名:クルミッ子5個入り(お取り寄せ可)
紹介記事
サクサク感とキャラメルのもちもち感!鎌倉紅谷の「クルミッ子」(宇佐美恵子)
ラム酒がしっとり大人のお菓子「ラムレーズン」
 full 3d1a71f6 56fb 48ce a2aa 189238055535
 full bb71cea3 695a 4302 bfb8 32aebbed6b8e
1970年の創業以来、地元の人々に愛され続けている『リンデンバウム』。「ラムレーズン」は、お店を代表する「バウムクーヘン」を砕き、ラムレーズンとバタークリームを合わせてボール状に丸めたスイーツです。直径3.5センチもある「ラムレーズン」は、ラム酒の濃厚な香りとバタークリームのリッチな風味がコラボして、大人好みの味わいです。

ブランド名:リンデンバウム
商品名:ラムレーズン(お取り寄せ可)
紹介記事
直径約3.5センチのリッチな味わい!横浜の名店「リンデンバウム」のラムレーズン(依田早苗)
すっきりした甘さのクリームとバターが香るクッキーが相性抜群!
 full a13befab 7e56 40c8 8788 3c1acd871a9a
 full 861f7abc 5e74 40a8 b380 e302ebf43332
異国譲渡あふれる通りでひと際目立つ、ツタの絡まった建物が『かをり』本店です。『かをり』の「レーズンサンドウィッチ」は、ブランデーに浸したカリフォルニアレーズンと、なめらかで口どけのいいクリームをクッキーでサンド。サクッと上質なバターの香りが広がります。常温で持ち歩けるのでこれからの時期にもぴったりです。

ブランド名:横浜かをり
商品名:レーズンサンド詰め合わせ【15個入り】(お取り寄せ可)
紹介記事
横浜山下町にある「かをり」のさっくり「レーズンサンドウィッチ」!(石野衣絵子)
独特な食感がクセになる!サクッ幸せな「ビスカウト」
 full d765fe3d dcd3 46d4 9116 09714c6041cc
 full f66c6a0e 224f 4ea6 a94e a068342647b1
老舗の西洋菓子「ビスカウト」は、馬車道十番館の定番お菓子です。パッケージも変わらずレトロな雰囲気は実にかわいらしいですよね。見た目はいたってシンプルで、口に入れて一口噛めば、口いっぱいに風味が広がります。意外にしっかりした歯ごたえですが、硬すぎず、さらに中にはクリームが入っています。レモン、チョコ、ピーナッツの3種類はどれも捨てがたく、とってもまろやかでビスケットをうまくサポートしてくれますよ。
紹介記事
カステラ伝来の時代からの伝統西洋菓子。独特な食感、サクッ幸せ「ビスカウト」(小倉朋子)
横浜の黒船!ビターな味が洋酒にぴったりな「黒船ショコラ」
 full ed6daabe 1a2b 4501 8fee 57fc227a8608
 full c292ec63 66e9 46a8 b4a1 d901825f0824
横浜の黒船の「黒船ショコラ」です。ブラックココア入りのビターな生地の中は、コクのあるチョコレート餡。甘すぎない大人の味は 甘い物が少し苦手という男性でもきっと喜ばれるはずです。小さくカットして ウィスキーやブランデーなどにも合わせてみて下さい。ビックリするほど洋酒に合います。横浜開港150周年を記念して登場したこちらの黒船ショコラ。その上品な味わいに 今では横濱ハーバーファンを二分するほどの人気者だそうです。
紹介記事
横濱には黒船もいる! 大人のハーバーは洋酒と合わせるのも粋(佐野由美子)
ippin編集部

関連コンテンツ