「薬」=「毒」なので、一気に身体から抜くのが理想的である
現代ビジネス
2018.06.21 05:50
長年に渡り心療内科に通い、大量に服薬していた作家の上原善広さんが、服薬を続けることに疑問を抱き"減薬・断薬"を決意。本連載ではその一部始終をお届けします。…

あわせて読みたい

自力で減薬→病院難民→診断やり直し→方針決定までの長い道のり
現代ビジネス
抗うつ剤の減薬には「SNS断ち」がよく効く
現代ビジネス
一発でプロ並みの加工ができる!無料でも楽しめる写真編集アプリ
antenna*
抗うつ剤を減薬したら、早々に「性欲」が戻ってきた話
現代ビジネス
医師は「治療=薬を出すこと」と洗脳されている
現代ビジネス
味選びも店もこだわりたい!本当のパン好きが【パンスク】を選ぶ理由。
antenna*
「一生薬を飲み続けなければならない」人などほとんどいない
現代ビジネス
薬物依存や副作用が危惧されるベンゾジアゼピン系薬剤、世界的な注意喚起アクションが行われる
HARBOR BUSINESS Online
一発でプロ並みの加工ができる!無料でも楽しめる写真編集アプリ
antenna*
こんなに苦しいなんて…向精神薬の減薬を始めたきっかけと今の思い - 文・七海 | ananweb - マガジンハウス
anan web
心を病む人を「薬漬け」にする精神医療への懐疑
東洋経済オンライン
食べて納得!本当のパン好きが選ぶ宅配サービス【パンスク】とは?
antenna*
医者に睡眠薬を飲まされ続けて失業…精神科「処方薬依存」の恐怖
現代ビジネス
ひとつ間違えれば命を失う…多剤服用はこんなに怖い
現代ビジネス
味選びも店もこだわりたい!本当のパン好きが【パンスク】を選ぶ理由。
antenna*
睡眠薬で高齢者を「寝かせきり」病院・施設の闇
東洋経済オンライン
発達障害と診断されてよかった…40代女性が受診した理由
ESSEonline
2021年4月11日(日)のテーマは「ストリート・ワイズ」。 --- 時には、上手なウソをつけることも必要 ---
J-WAVE
精神病院「情報開示に消極的」な姿勢への大疑問
東洋経済オンライン
女性看護師が嘆くトンデモ患者たち「殴られるなんて日常茶飯事」
女子SPA!