知らないと赤っ恥!シャンパンとスパークリングワインの違い
ippin
2018.06.15 18:15
プライベートなひと時をちょっぴり華やかにしたい、ゆったりと過ごしたいという女性におすすめなのが、日常的にスパークリングワインを楽しむというスタイル。
特別な日にはシャンパンを用意したいところですが、高価でなかなか手を出しづらいもの。スパークリングワインであれば、リーズナブルですし、おすすめです。

ところで、シャンパンとスパークリングワインの違いって知っていますか?

スパークリングワインとは発泡性ワインの総称であり、日本国内はもちろん、世界中で製造されていますが、そのなかでも、フランスシャンパーニュ地方で限定された地区で、特定のぶどう品種を用いて、特定の製法(シャンパーニュ製法)で造られるなど、厳しい基準をクリアしたスパークリングワインを「シャンパン」と呼びます。

同じフランス国内で造られていても、基準から外れるものはシャンパンと呼ぶことはできません。値段も高価で3,000円以下で探すことは難しいでしょう。

しかし、シャンパンではないスパークリングワインの中にも、シャンパンに引けを取らない高品質でありながら、アウトドアやパーティ、家飲みなどで気軽に飲めるリーズナブルで料理にも合わせやすいものが数多く存在します。
今回は高品質なスパークリングワイン2選とスパークリングワインにあうフレンチレストランのテリーヌのご紹介です!
お取り寄せ可 蒸し暑い夏を爽やかに。ドイツのオーガニック微発砲ワイン
今回ご紹介するのは、ドイツでも古くからワインが生産され、銘醸ワインの生産者も多いモーゼル地方で1995年にオーガニック認証を受け、現在ではオーガニックワインのみを生産している、レーマーケルター醸造所のティモ・ディーンハルト氏が手掛ける微発泡の白ワイン、ノヴィ・セッコ・トロッケン2015です。
微発泡なので、炭酸が強すぎないため飲みやすく、食中ワインとしてもおススメできます。
夏のさっぱりしたお料理などにぴったりですし、アルコール度も11度と低めなので、お休みの日ならゆったりとランチのお供にも。
辛すぎない・炭酸が強すぎない・程よい酸味とフルーティさ、がこのワインをバランスのよい、飲みやすいワインにしています。
良質で手ごろな価格のドイツワインは日本ではそれほど多く出回っていませんが、オーガニックワインでこんなに良心的なお値段のワインは、一度は試す価値ありですよ。

ブランド名:京橋ワイン
商品名:ティモ・ディンハート ノヴィ・セッコ・トロッケン 2016(お取り寄せ可)
紹介記事
蒸し暑い夏を爽やかに。ドイツのオーガニック微発砲ワイン(森本智子)
お取り寄せできる 夏の夕暮れ時に飲みたい!スパークリングワイン ロゼ
今日ご紹介するのは、シャトー勝沼のスパークリング ロゼ。使用されているぶどう品種は、日本固有のぶどう品種である「甲州」と「マスカット・ベーリーA」です。
2014年山梨県で収穫されたぶどうからのみ造られたこちらのワイン、フレッシュでフルーティーな味わいで、とてもバランスの良いワインに仕上がっています。
また、千円台で気軽に購入できるのも、カジュアルな夏のホームパーティにぴったりです。
近年品質の向上が著しい日本ワインの中でも、シャトー勝沼は「日本のロマネ・コンティ」!と称される、素晴らしい畑を保有しています。
【料理との相性】
生ハムともも、鮪と山芋の冷製パスタ、健味どりで低温調理のサラダ、信玄豚のローストぶどうのソース、雲丹といくらのお寿司。 また豚の角煮など、お肉の脂分や旨味との相性も楽しめます。

ブランド名:株式会社シャトー勝沼
商品名:スパークリング ロゼ 2015年収穫 【720ml】(お取り寄せ可)
紹介記事
夏の夕暮れ時に飲みたい!スパークリングワイン ロゼ(佐藤玲子)
お取り寄せ可 おうちでフレンチレストラン料理が堪能できる9種のテリーヌ
東京・代官山にあるレザンファン ギャテは「ミシュランガイド東京2018」において一つ星を獲得したフレンチ・レストランです。
この店で人気のテリーヌを楽しんでいただけるのが「プティ・テリーヌコレクション(オードブル)」です。
食材そのものの色彩が美しいオードブルは、まるでアート作品のような華やかさ。
また、可愛らしいサイズは、パーティーでのおもてなしやギフトにも最適です。
本商品はレザンファン ギャテのお取り寄せ専門工房、ラボンヌ テリーヌから冷凍便で発送されるので、召し上がる前に冷蔵庫に移して解凍するだけ。
ご自宅で、お手軽に本格フレンチをご堪能ください。
※手提げ袋 +540円(税込み)は現在売り切れとなります。予めご了承くださいませ。

ブランド名:レザンファンギャテ
商品名:プティ・テリーヌコレクション(オードブル)(お取り寄せ可)
紹介記事
わが家でフレンチレストラン料理が堪能できる9種のテリーヌ(後藤晴彦)
ippin編集部

あわせて読みたい