「毎日頑張ってるし、たまにはいいよね」一週間の疲れを癒す「金曜日」の夜スイーツ
ippin
2018.06.15 17:00
仕事は忙しいけれど、楽しく充実している毎日。でも時には失敗して落ち込んでしまうことも。良いことも悪いこともある一週間だからこそ、金曜の夜にはとっておきのお楽しみを用意しませんか? 一週間がんばった自分に「ご苦労さま」の気持ちを込めて、「私」へのご褒美にちょっと贅沢なお取り寄せスイーツを。おいしくて目にも麗しい厳選スイーツたちを頬張る至福の時間は何物にも代えがたいもの。今週末はどのスイーツにしましょうか?
ふわっと漂うメープルの香り「メープルもみじフィナンシェ」
「メープルもみじフィナンシェ」は、さっくりした食感とメープルの香ばしい風味が絶妙にマッチしたふんわり優しいお味です。広島県内のサービスエリアや空港などで販売している絶賛売り出し中の新名物! 楓の形をしていて見た目もとてもかわいらしく、さっくりとした絶妙な食感が、メープルの風味と甘みが相乗してさらにおいしさを際立てます。

ブランド名:楓乃樹
商品名:メープルもみじフィナンシェ(お取り寄せ可)
紹介記事
もみじ饅頭だけじゃない!広島の隠れ名物「メープルもみじフィナンシェ」(大伴さやか)
お店の人気ナンバーワン!ふわっカリッとろーりの新感覚「クレームブリュレドーナツ」
ハワイ生まれのアサイーブランド『Tambor Acai』の日本1号店でもある京都「Brulee」。
人気ナンバーワンのクレームブリュレドーナツは、ちょうどよい甘さの優しいお味です。
濃厚なカスタードクリームとほろ苦ビターのキャラメリゼが豆乳ドーナツとベストマッチ。
菜種油100%、遺伝子組み換えでない豆乳、こだわった原材料も魅力的です。

ブランド名:Brulee クレームブリュレドーナツ 三条商店街
商品名:美味しすぎる!クレームブリュレドーナツ(冷凍)(お取り寄せ可)
紹介記事
日本でここだけの味は大人気!京都「Brulee」考案のクレームブリュレドーナツ(高岡亜衣)
京都建都1200年を記念して生まれたお抹茶とクーベルチュールチョコレートのコラボに感涙
パッケージの美しさに心が震える、御抹茶トリュフ「建都の昔」。
上品な甘さでコクがあるクーベルチュールチョコレートが、祇園辻利最高峰の抹茶を引き立て、濃厚で芳醇な味わいが口いっぱいに広がります。隠し味にほんのりと日本酒が効いているので、一週間の張り詰めた気持ちをほぐすのにも一役買います。
週末はショコラと抹茶の老舗が織り成す贅沢な逸品を。

ブランド名:株式会社ポアール
商品名:御抹茶トリュフ[建都の昔](お取り寄せ可)
紹介記事
ポアールと祇園辻利の究極のコラボレーション「御抹茶トリュフ」(松本由紀子)
カワイイを独り占め!ピンクのギフトボックスが似合う芦屋のキュートなカップケーキ
飾っておきたくなるほどのデザイン性の高さに惚れ惚れする「プティビズ芦屋」のカップケーキ。小ぶりな一口サイズなので、いくつものフレーバーを楽しむことができます。生地作りからデコレーションまで、一つ一つパティシエが手作り。空気がきめ細かく含まれたスポンジの柔らかい食感と優しい甘さは、ゆったりと過ごしたい金曜日にぴったりです。

ブランド名:プティビズ芦屋
商品名:【箱入】ギフトセット フレール(お取り寄せ可)
紹介記事
芦屋女子おすすめ!キュンとくるpetit bisouの可愛いスイーツ(鬼頭郁子)
じめじめを吹き飛ばせ!冷蔵庫に常備しておきたい「葉取らずりんご」を使ったスイーツ
「金曜日はやさしく癒されたい」という方には、がっつり甘いお菓子よりもこんなスイーツはいかがでしょうか。
プディングにりんごピューレを合わせた「りんごのヴェール」。プディングには新鮮な卵とミルク、ピューレには八甲田山系の雪解け水、葉取らずりんご、青森りんご蜂蜜を使用。
ジメジメするこれからの季節、冷やしておいたスイーツで爽やかに!

ブランド名:ナチュール青森
商品名:りんごのヴェール(お取り寄せ可)
紹介記事
ヒンヤリと冷やしていただきたい「ナチュール青森」の素材が躍る魅惑のスイーツ(依田早苗)
あれもこれもが叶う!ひと口サイズのマカロンをはべらせて今宵はお姫様気分
大好きマカロンだから、たまには贅沢して「一度に何個も食べてみたい!」と思ったことはありませんか?そんな時は、小ぶりで色々な味が楽しめるセットが一番。
こちらのマカロンは洋風なクリームだけでなく「よもぎ」「白みそ」など、旬の国産野菜や和の素材を使用したクリームが特徴です。
甘さ控えめなので、金曜には9個完食もよいかもしれませんね!

ブランド名:le petit coeur
商品名:ル・プチ・クール オリジナルマカロン(お取り寄せ可)
紹介記事
真心香るオンリーワン!ル・プチ・クールのオーダーメイド「マカロン」(園山真希絵)
ippin編集部

あわせて読みたい