ベタボメなんだけど、ベタボレじゃないわよ――M.Iさん(取材記者26歳)
クロワッサンオンライン
2018.06.11 07:35
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、夫婦の本音に迫るひと言を取りあげます。 文・澁川祐子 1977年5月創刊号「男友達をつくりたい」より ベタボメなんだけど、ベタボレじゃないわよ――M.Iさん(取材記者26歳) 創刊号の特集は「男友達をつくりたい」という、なかなかにインパクトのあるテーマ。恋愛結婚が…

あわせて読みたい

家事をやらない男は、生活をしてないと思いますよ――S・Hさん(テレビ映画プロデューサー)
クロワッサンオンライン
女が本気になって自分の生き方と子育てを考えはじめた時から、社会とは無縁でいられなくなる――編集部
クロワッサンオンライン
三つのことを同時に考えることはできないでしょ――ノエラ・ポントワ(パリオペラ座バレエ団エトワール)
クロワッサンオンライン
子供にとって必要なことは苦痛を恐れ、やらないということではなく「ある行動」の結果の意味を考えて、やらないようになることです。 ―堀江重信(みなみ子供診療所々長)
クロワッサンオンライン
笑って、許して、騙されながら、男は思い出を買い続けます――藤村俊二(俳優)
クロワッサンオンライン
夫婦の仕事なんですよ、家事というのは――K・Sさん(店舗経営)
クロワッサンオンライン
突破口のみつけ方は十人十色でいい――小西章子(エッセイスト)
クロワッサンオンライン
女の幸せはこうなんだ、といっているのは男たちなのね――道下匡子(翻訳家、作家)
クロワッサンオンライン
女性の生きる道は、紆余曲折の連続――E・Iさん(インテリア・アシスタントデザイナー)
クロワッサンオンライン
問題の本質が何なのか分らない限りは繰り返しますよ、同じことを――タキエ・スギヤマ・リブラ(人類学者)
クロワッサンオンライン
広い視野で女性が自らのことを考える時、女は知的になる――編集部
クロワッサンオンライン
自分の顔や体型は、もう一人の客観的な自分がいないとわかりません――K・Iさん(高島屋商品研究室)
クロワッサンオンライン
子どもはかりそめの旅人――俵萠子(評論家)
クロワッサンオンライン
女性は一人でも生きられるし、一人でも幸福でありうるといいたかっただけ――ポール・マザースキー(映画監督)
クロワッサンオンライン