焦がしバターの香りがたまらない!絶品「フィナンシェ」東西対決
ippin
2018.06.08 14:30
フランス菓子の定番中の定番「フィナンシェ」は、どのパティスリーにもきっとある焼き菓子の一つ。初めて訪れたお店ではフレッシュケーキと焼き菓子の中からフィナンシェも必ず買ってみる、という人も少なくないはずです。今回はそんなお店ごとのこだわりが詰まった「フィナンシェ」を、関東と関西の2エリアからそれぞれご紹介します。
【関東】店舗は新宿と浦和の「伊勢丹」のみ!「ANOAH」の抹茶フィナンシェ「十点」
日本茶菓「SANOAH(サノア)」は、抹茶や緑茶を使った現代風のスイーツを提供している専門店。中でも「十点(じってん)」は、驚くほど鮮やかなグリーンに目を奪われる抹茶味のフィナンシェです。抹茶は栽培方法によって2種類に分けられ、あらゆる工程で手間暇をかけて作られるお点前用と、お菓子などの加工用に作られるものとがあります。京都の茶処として有名な宇治市で作られているのは、お点前用のお抹茶。そのお抹茶を贅沢に使っているのが、こちらの「十点」なんです。しかも、茶葉を熟知した存在として国内に12名しかいない「茶師十段」が厳選した石臼挽きの宇治抹茶なのです。香り高いバターとお抹茶の味わいが見事に調和し、ほんのり残るお抹茶の余韻も楽しめます。
紹介記事
訪日外国人客にワンランク上の抹茶スイーツを!お点前抹茶のフィナンシェがすごい!(伊能すみ子)
【関東】銀座の名店「銀座 うち山」のおもたせ「しっとり焼き」 はっy
銀座には数々の名店がありますが、四季折々の素材を用いた茶懐石ベースの和食を堪能できる「銀座 うち山」もその一つ。こちらでは、 3日前までに予約をすれば店頭で受け取れる「おもたせ」も人気があります。いろいろ種類がある中、唯一のスイーツがこちら「しっとり焼き」。見ればなるほど、和テイストのフィナンシェ。しっとり、ねっちりとした食感で、味わいはプレーン、みそ、からすみ、実山椒、ごまだれの5種類。発酵バターをたっぷり使い、アーモンドパウダーはスペインのマルコナ種を使うなど、なかなかの本格派。和の食材もカラスミは自家製のものを使うなど、お店で出しているのと同じこだわりとクオリティです。
紹介記事
スイーツ革命!日本料理の名店「銀座うち山」のしっとり焼き(松本由紀子)
【関東】毎日焼きたて!都内でしか買えない「ノワ・ドゥ・ブール」の「フィナンシェ」
伊勢丹新宿店三越日本橋の2店だけにしかないパティスリー「ノワ・ドゥ・ブール」。店内の厨房で仕上げるフレッシュケーキや、毎日焼きたての焼き菓子が揃っています。こちらの「フィナンシェ」は、外はカリカリで中はじゅわ〜っとした理想的なあの食感。アーモンドプードルはスペイン産マルコナ種、バターは国産発酵バター、砂糖には風味豊かなきび糖が使われています。王道ながらしっかり地に足のついた手仕事あってこその味わいに大満足できるはず。焼き菓子にはうるさい女友達へのお土産にもおすすめです。
紹介記事
焼きたての香りと圧倒的な食感 ノア・ドゥ・ブールの焼き菓子詰め合わせ(寺田和彦)
【関西】神戸生まれのスーパー「ikari」オリジナルの「フィナンシェ」
兵庫県を中心に展開しているスーパーマーケット「ikari」。食材の鮮度や質にこだわった商品を揃えるプレミアムなスーパーとして支持されています。こちらにはプライベートブランドの焼き菓子があり、もちろん「フィナンシェ」もあります。バターの香り、しっとりとした生地…。スーパーのPB商品もここまできたか!と驚いてはいけません。なぜなら「ikari」は、もともと洋菓子製造業としてスタートした会社だから。お菓子作りのノウハウをしっかり持っているんですね。今後の兵庫土産にいかがでしょうか?
紹介記事
美味しさの理由には歴史があった!神戸発『ikari』のオリジナル「フィナンシェ」(黒部和夫)
【関西】「アンリ・シャルパンティエ」の大阪限定「えびすフィナンシェ」
続いてご紹介するのも兵庫県、スイーツの有名店が点在する芦屋に本店のある「アンリ・シャルパンティエ」。イートインの「クレープシュゼット」が大人気ですが、訪れた人たちの多くが購入して帰る焼き菓子も人気があります。現在は関西に複数の店舗があり、今回は大阪限定の「えびすフィナンシェ」に注目です。さすがは商人の街。商売繁盛の神様えびすさんの名前がつけられえいる上に、縁起が良いゴールドのパッケージ。気になる中身はと言えば、大納言小豆が入ったちょっと珍しいフィナンシェです。大納言小豆は煮ても腹が割れないことから、縁起物として昔から重宝されている食べ物。本場フランス式の前発酵を施したバターの風味と、大納言小豆の上品な甘さが特徴的です。
紹介記事
大阪限定☆『アンリ・シャルパンティエ』の「えびすフィナンシェ」(谷口ももよ)
【関西】京都の実力派パティスリー!「グラン・ヴァニーユ」の「フィナンシェ」
京都にある「grains de vanilla(グラン・ヴァニーユ)」は、2016年のパティシエ世界大会で優勝した日本チームの一人、津田 励祐さんのお店です。津田さんの作る「フィナンシェ」は、イタリア産ギルジェンティ種のアーモンドを使用し、ギリギリまで焦がしたバターをたっぷり加えたもの。口当たりや風味、食感の良さが印象に残る流石の味わい。丁寧な仕事あってこその美味しさです。京都へ行く機会があったら是非立ち寄って、ほかの焼き菓子とセットで京都土産にするのも喜ばれそうですね。
紹介記事
口当たりや風味の良さが別格!京都にある人気店グラン・ヴァニーユの「フィナンシェ」(菅又亮輔)
ippin編集部

あわせて読みたい

お菓子工場直送!「アンリ・シャルパンティエ」の焼き立てフィナンシェ
るるぶ&more.
大阪限定☆『アンリ・シャルパンティエ』の「えびすフィナンシェ」
ippin
「ノワ・ドゥ・ブール」銀座三越スイーツコレクション会場限定『焼きたてフィナンシェ(ショコラ オレ)』を1月29日(水)より販売いたします。
PR TIMES
大阪に来たらこれやで!自分のためにも買いたくなる絶対喜ばれる大阪名物土産
ippin
銀座で話題の手土産はコレ!コク深いカスタードをサクサクのパイ生地でサンドしたミルフィーユが絶品すぎる
東京カレンダー
限られたお店でしか買えない「最高に贅沢なフィナンシェ」って!?洋菓子「アンリ・シャルパンティエ」の知られざる4つの秘密
Precious.jp
定番だからこそ味に差が出るお菓子!迷ったら選びたい人気店の「フィナンシェ」3選
ippin
初物アーモンドを最速入手!3週間限定フィナンシェ
Walkerplus
フィナンシェをおうちで美味しく食べる方法とは?アンリ・シャルパンティエのお菓子をもっと楽しむ「豆知識」4選
Precious.jp
日本最高位の茶師、東源兵衛氏が「アンリ・シャルパンティエ」ためにセレクトした、食べる抹茶「天峰」を使ったお菓子の専門店「アンリ・シャルパンティエーハナレー 天峰」
PR TIMES
商売繁盛!「えびすフィナンシェ」をビジネスシーンに
Walkerplus
世界で一番売れたフィナンシェは手土産にも最適!「アンリ・シャルパンティエ」の2019年人気生菓子・焼き菓子ベスト3
Precious.jp
定番だからこそ味に差が出る!手土産に困ったら選びたい「焼き菓子」3選
ippin
「理想のバターがなければ自分たちでつくってしまおう」!アンリ・シャルパンティエのお菓子づくりへのこだわりとは
Precious.jp