Empty
6689985 full c23eef73 6f69 428a 9609 7fc77e0057a0
「もの」を通した精神の解放と表現。菅木志雄の個展が六本木、渋谷、銀座で同時開催中
美術手帖
2018.06.07 12:37
 1944年に岩手県盛岡市で生まれた菅木志雄は、多摩美術大学絵画科を卒業した68年以降、「もの派」グループの中心メンバーとして国内外で活動。世界中の美術館で個展が開催されてきたほか、グループ展や芸術祭にも数多く参加してきた。その作品は、東京都現代美術館をはじめとする国内の美術館をはじめ、テート・モダン(ロンドン)、ダラス美術館、ポンピドゥー・センター(パリ)、M+(香港)など世界中の美術館に所蔵さ…

あわせて読みたい

Empty
20年前の作品を横浜美術館で再展示。菅木志雄が語る「もの」とは?
美術手帖
Empty
「もの」の隠れたリアリティに迫る! 東京都現代美術館にて「菅木志雄 置かれた潜在性」展が開催。
VOGUE JAPAN
Empty
「もの派」を代表する世界的現代美術家・菅 木志雄の個展「放たれた縁在」が開催
Premium Japan
Empty
菅木志雄の個展が東京画廊で開催。過去のインスタレーションを3期に分けて再展示
美術手帖
Empty
菅木志雄の金属作品が一堂に。GINZA SIXのTHE CLUBで個展「放たれた縁在」がスタート
美術手帖
Empty
もの派を代表する菅木志雄の「金属」を中心とした個展が、東京・銀座のTHE CLUBで開催
美術手帖
Empty
菅木志雄の新作展「測られた区体」が小山登美夫ギャラリーで開催。ものと人における思考のエネルギー、その流動性を問う
美術手帖
Empty
長い時間をかけて探り続ける「もの」。菅木志雄インタビュー
美術手帖
Empty
Museum from Home:国立新美術館「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」
美術手帖
Empty
アーティストが作品を選んだら? “横美”30周年記念展へ|青野尚子の今週末見るべきアート
Casa BRUTUS
Empty
古典美術と現代美術が出会うとき。国立新美術館「古典×現代2020」の展示が公開
美術手帖
Empty
菅 木志雄の展覧会が小山登美夫ギャラリーで開催 - “もの”と“もの”の融合を空間展示で
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
Empty
月を探しに行く——野口里佳「海底」Taka Ishii Gallery(〜10/7)
HILLS LIFE DAILY
Empty
「カイカイキキギャラリー」が、現代アーティスト・李禹煥の個展を開催。
VOGUE JAPAN