エスティマやキューブが全面改良しないワケ
東洋経済オンライン
2018.06.06 08:00
同じ名前の車種が内外装のデザインだけでなく、パワートレーンや先進機能、場合によってボディサイズなどまで大きく変わる。それが可能になるのは、フルモデルチェンジ(全面改良)だけだ。6月下旬に新型車の発表を控えている、トヨタ自動車の「クラウン」は今回で14回目(15代目)のフルモデルチェンジとなる。

■人気車の全面改良が先延ばしにされる不思議

1965~1990年頃まで、排出ガス規制でメーカーの負担…

あわせて読みたい

日産車の長寿高齢化が激しすぎる! モデルチェンジサイクル長すぎ問題に喝!
ベストカーWeb
ジムニーやセンチュリーに続くか? 国産ロングセラー・8モデルの次期型はアリ?ナシ?
clicccar
【売れない車にも愛を】メーカーが頑張ればもっと売れるクルマ最新版6選
ベストカーWeb
売れてないのになぜ!? メーカーが作り続ける不人気車のなぞ
ベストカーWeb
【なぜフルモデルチェンジしないのか?】日本の「ほったらかし車」10選
ベストカーWeb
【売れてないクルマの将来は?】2020年 生産終了が危ないのはコレだ!!
ベストカーWeb
【日産は日本市場を見捨てたのか!?】売れ筋車種を放置し続ける事情と要望
ベストカーWeb
【ハスラー、フィット、ランクル…】モデル末期 買ったほうがいいクルマと待つべきクルマ
ベストカーWeb
トヨタ「エスティマ」異例の改良を決めた理由
東洋経済オンライン
「モデル長寿化」の功罪 フルモデルチェンジ周期が長くなってきた 
ベストカーWeb
消滅の危機も!? 日産が旗艦車エルグランドにe-POWERを搭載しない切実な裏事情
ベストカーWeb
【古いからこそ魅力あり!!】今こそ乗ってほしい実力派超熟成車 5選
ベストカーWeb
モデル末期車は本当に買っちゃダメ? 買いか待ちかズバリ判定!
ベストカーWeb
【最長13年…どんどん高齢化するモデルたち】日本市場軽視? なぜ日産はモデルライフが長いのか?
ベストカーWeb