棟方志功と芹沢銈介の「釈迦十大弟子」全作品が、大阪日本民芸館に勢揃い。
Pen Online
2014.10.07 08:20
民藝運動に参加した版画家・棟方志功と染織家・芹沢銈介は、お釈迦さまの高名な弟子である釈迦十大弟子をモチーフにそれぞれ作品を残しています。それをひとつの会場で鑑賞できるユニークな展覧会・秋季特別展『棟方志功と芹沢銈介ーふたつの「釈迦十大弟子」を中心に』が、万博記念公園内の大阪日本民芸館で開催中です。

とくに棟方志功による連作『二菩薩釈迦十大弟子』は、前代未聞の90センチを超える版画12作品をわずか…

あわせて読みたい

〈大阪日本民芸館〉にて『民藝のバスケタリー ―龍・笊・蓑―』が開催中。
Casa BRUTUS
芹沢銈介が集めた、世界の“仮面と衣装”。
Casa BRUTUS
【中田英寿/に・ほ・ん・も・の外伝】ゆったりと豊かな時間が流れる芹沢銈介美術館<静岡編②>
GOETHE
静岡市立芹沢銈介美術館 展覧会100回記念 静岡が誇る「たからばこ」芹沢銈介美術館の歩み | SHIZUOKA
Casa BRUTUS
棟方志功の軌跡をたどる展覧会が府中市美術館で開催。連作と大作で見る「板画」の真髄とは?
美術手帖
あべのハルカスで青森が生んだ不世出の板画家「世界の棟方志功」展
Walkerplus
静岡まで行って見てみたい! 民藝を代表する染色家・芹沢銈介の壮大な創作世界「しあわせの色 たのしい模様」。
Pen Online
芹沢銈介の収集 –手仕事の世界地図–
Casa BRUTUS
【宮城県】実は仙台にあるんです。〈芹沢銈介美術工芸館〉で企画展が開催中!「芹沢銈介は、のれんと着物だけじゃない。」
コロカル by マガジンハウス
カオスな現代社会を表した柚木沙弥郎の鳥獣戯画。
Casa BRUTUS
近現代の美術作品を取り扱うシンワオークションが3つのセールを同時開催。最高落札額は棟方志功の3700万円
美術手帖
「棟方志功の福光時代展ー信仰と美の出会いー」棟方志功の疎開先・富山県からの作品を中心に展示〜
IGNITE[トレンド]
“民藝美”に触発された作家たちの仕事を紹介、日本民藝館創設80周年特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」
FASHION HEADLINE
棟方志功の板絵
Discover Japan