手抜き感一切なし!お湯を注ぐだけでサッと本格一汁が完成インスタントなおもてなし
ippin
2018.05.25 17:00
食卓に汁物は欠かせないものですが、一人暮らしの方や仕事が忙しい方にとっては、メインにならない汁物を作るのはなかなか腰が重いという意見は多いと思います。もちろん即席のお味噌汁やお吸物などは様々な種類が販売されていますが、やはりインスタントということで味がちょっと、というものもあるでしょう。そこで本記事では簡単に自宅で楽しめて、味も本格的な商品をピックアップ! かつ、もなかやお麩など、少し変わり種の商品を集めてみました。とても美味しい商品ばかりなので、贈り物としても、急なおもてなしの秘密兵器としても、検討してみていただきたい商品です。
お湯を注ぐだけで、上品な出汁の香りを感じられるお吸い物
贈り物としてオススメなのが和光のお吸い物。帆立、鯛、湯葉、ひらめの味わいがお湯を注ぐだけで簡単に楽しむことができます。特にひらめは上品な出汁の味わいに旨味もしっかり出ており、とても美味しいです。出汁は枕崎産の上質なかつお節を使用し、もなかもこだわりの佐賀県産の餅米の煎餅を使っています。贈り物にオススメと前述しましたが、賞味期限も長いので自宅にあると時間のない時や、ホッと一息つきたい時に和光のお吸い物が大変役立ちます。
紹介記事
お湯だけで絶品!上品な出汁の旨みと最中のもちもち感が癖になる!銀座・和光のお吸物(田中祐子)
松茸の専門店が作る、素晴らしい香りのする本格お吸物
言わずもがな知れた高級食材である松茸の専門店として創業した赤坂松葉屋が作る、松茸のお吸い物は当然絶品です。赤坂本店でのランチでは、1年中松茸ご飯が食べ放題であることでとても人気を擁しています。お土産用の松茸お吸物は小さいゼリーのようなパックに入っていて、120mlのお湯を注ぐとすぐに完成します。お土産に「味噌汁」ではなんとなくテンションが上がりにくいようなイメージもありますが、「松茸のお吸物」といえば話は変わってきます。松茸専門店の作る絶品お吸物、ぜひご賞味ください。

ブランド名:赤坂 松葉屋
商品名:赤坂料亭ごのみお詰合せ(お取り寄せ可)
紹介記事
松茸専門店の手軽な「松茸お吸物」(菅野夕霧)
京都の味噌屋さんが作る、本格フリーズドライ味噌汁
フリーズドライのお味噌汁はたくさんの種類が今では販売されていますが、京都の本田味噌本店が作るお味噌汁は格別の美味しさです。フリーズドライの「一わんみそ汁」は赤だしや赤みそ、紅こうじなど色々な味の味噌と具材がお麩に包み込まれています。京都らしい「おおきに」の文字が入ったお麩で見た目もかわいらしいです。お椀に割ったお麩を入れ、熱々のお湯を注ぐだけで美味しい味噌の香りが漂い、すぐに出来上がるので自宅に常備しておくと便利な商品です。
紹介記事
江戸時代から麹一筋!京都の『本田味噌本店』が作る「一わんみそ汁」(鬼頭郁子)
愛知の旅館が作る、自宅で簡単に楽しめる本格味噌汁
味噌といえば愛知県のイメージがありますよね! 愛知県にある料理旅館呑龍とカクキューが共同で開発した「即席みそ汁 豆女将 三ツ葉」はもなかの中に味噌と具材が一緒に入っていて、もなかを割ってお湯を注ぐだけですぐにいただけるお味噌汁です。インスタントですが、その味はまるで旅館でいただくような本格的なものです。もなかなのでしっかり食べたという満足感があるのも嬉しいポイント。4色分で1,080円とちょっとお高めなので、贈り物におすすめです。
紹介記事
愛知の料理旅館「呑龍」と八丁味噌の名店が作った絶品!即席味噌汁「豆女将 三ツ葉」(滝沢沙織)
お腹にたまる、ボリュームたっぷりのお味噌汁はいかが?
青森の方には馴染みの深いせんべい汁ですが、他の地域の人にとってはあまり食べる機会は多くないですよね。ですが、今では東北物産展などで見かけることもできるようになりました。この「八戸のせんべい汁」という商品も物産展などでよく販売されているのですが、汁をたっぷり吸ってもちもちの煎餅は格別です。せんべい汁としてではなく、普段のお味噌汁の具材として使ってもいいのです! お腹にたまるお味噌汁として、是非1度試してみていただきたい商品です。

ブランド名:有限会社しんぼり
商品名:B級グルメ! しんぼりの八戸せんべい汁 【4~5人分】(お取り寄せ可)
紹介記事
一度食べるともうヤミツキ!青森の郷土料理「せんべい汁」(二木英一)
ippin編集部

あわせて読みたい