Icon loading md
6260886 full b4fcf703 4e4e 4df1 8c6c 884d272536b6
その唇、見られてますよ!唇あれからいち早く脱出する方法とは?
資生堂薬品株式会社
2018.03.14 10:00
鏡を見ると気になる、唇のカサつきや皮むけ。なんとかしたくてリップクリームは使っているものの、イマイチよくならない…。グロスやルージュを上から塗って隠したつもりになっているだけ…なんて人、たくさんいるのでは? そう、本気のリップケアをあきらめがちなオトナ女子が多いのです!
でも、唇って意外と人に見られているもの。アイメイクや服装がバッチリでも、唇がカサカサでは見た目の印象だけでなく、身だしなみとしてもNGです。仕事でもプライベートでも、たくさんの出会いのある新生活シーズンは、唇あれのない魅力的なリップで臨みたいですよね。
6260886 bqupvgzh full cfd295b9 0026 4031 84ff 20c8b0c26b31
そんなときに頼りになるのが医薬品リップクリーム。特に、本気のリップケアに取り組む人から注目されているのが資生堂薬品の「モアリップ」(第3類医薬品)です。

ポイントは、荒れた唇の修復を促すアラントインや唇の炎症を抑えるグリチルレチン酸など5つの成分が配合されていること。唇を保護しながら、気になる唇のカサカサや皮むけ、ひび割れを治療することができます。
さらに嬉しいポイントが! 唇の端っこが赤くなったり、ただれたり、切れたりした経験ありませんか? それ、「口角炎」かも。そんな口角炎だけでなく、皮むけや、口唇炎にもモアリップは効果的! 唇のさまざまなトラブルの強い味方と言えます。

使いやすいチューブタイプで、そのままスルッと唇にやさしく塗布できます。なめらかな使用感で就寝前をはじめお出かけ前など唇の荒れが気になった時に使えます。いつものリップクリームとモアリップ、2本持ちをして使い分けているリピーターも多いそう。

角質層が薄く、皮脂腺もないため、実は顔のお肌以上に大気や紫外線の影響を受けやすく、荒れやすいのが唇。乾燥が気になる冬だけでなく、一年を通して唇ケアするのがデキるオトナ女子たるもの! モアリップを取り入れて、春からすっぴん唇に自信のもてる女性を目指しましょう。