異なる拍子が同時に存在? ceroが新アルバム発売 | ananweb - マガジンハウス
anan web
2018.05.22 16:00
ceroの音楽を初めて聴いた人は、不思議な感覚に包まれるかもしれない。普段聴き慣れているようなJ‐POPやロックにはないリズムのうねり、楽器のひとつのようなボーカル。新しい音楽のようで、どこか懐かしさもある独特のサウンドを聴かせるバンドだ。https://ananweb.jp/news/173686/…

あわせて読みたい

cero(セロ)が生み出す、ミクスチャー感ある東京のポップス
MEN'S Precious
cero 東京発ポップバンドの現在 ~野村雅夫のラジオな日々vol.9
GOETHE
cero新作『POLY LIFE MULTI SOUL』を高城&荒内が語る! キーワードは「ダンス」
J-WAVE NEWS
cero - 速報ライブレポート【 J-WAVE LIVE 】
antenna* × J-WAVE LIVE SUMMER JAM
ceroの新曲、初オンエア! 音楽活動を始めた頃の思い出を語る「階段の踊り場で…」
J-WAVE NEWS
CERO × パタヤ|海辺の一日をセンチメンタルに締める曲。
madame FIGARO.jp
《cero高城晶平》にインタビュー!今後もずっと聴いていける音楽とは?【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
ceroが所属「カクバリズム」代表・角張渉が語る、レーベルの裏話! 予算がなくても…
J-WAVE NEWS
《cero高城晶平》が選んだプレイリストをおさらい!【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
cero・髙城晶平×Suchmos・YONCE、2010年代を切り拓いた両雄の視点
Rolling Stone Japan
《cero高城晶平》が選ぶ、花見ソング【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
ceroの髙城晶平がShohei Takagi Parallela Botanicaで目指したオルタナティブな新世界を探る。
WHAT’s IN? Tokyo
《cero高城晶平》が選ぶ、たのしかった青春ソング【火曜日のプレイリスト】
FUDGE
cero・髙城晶平とSuchmos・YONCE、RSJ最新号で夢の対談が実現
Rolling Stone Japan