Icon loading md
6608669 full 8ead364c 6d5e 4348 861e 208d9b5f1ba9
ここは美食王国!新潟でめぐるチョコ&ケーキ
ippin
2018.05.22 14:30
日本有数の米どころとして知られる新潟県は日本酒やラーメンも名高いほか、日本海からの豊富な海の幸や、タレかつ丼やイタリアンといったB 級グルメ、個性的な郷土料理も県内各地にあり、まさに美食王国と呼ばれるにふさわしい豊かなグルメが楽しめます。今回はそんな何から何までおいしい新潟のチョコレートとケーキに注目!どれもわざわざ行く価値のある一品ばかりですので、旅の目的に、お土産に、チェックしてみてくださいね。
【新潟市】最高純度のカカオと新潟素材を組み合わせた斬新な『久遠チョコレート』
 full dcf341e0 1335 4fcb 949b d9cb723b8a9e
 full db0eeaf1 e7d2 4a41 a85c a2f774af923a
『久遠チョコレート』は愛知県豊橋市に本店を構えるチョコレート専門店。障がい者がショコラティエとなり、厳選された最高純度カカオと、地元素材を組み合わせた斬新なチョコレートを作っています。『久遠チョコレート新潟』は、新潟市上古町にあります。焼きチョコレートのようなサクッと感と、モッチリ感が楽しめる不思議な食感の「テリーヌ」は、味わうごとに素材の味がゆっくりと口の中に広がっていく贅沢が感じられます。
紹介記事
スイーツ好きが押し寄せる人気のチョコレート専門店「久遠チョコレート新潟」(越乃リュウ)
紹介記事
甘納豆×チョコレート今までなかった組み合わせ!北限の茶、村上茶の久遠テリーヌ(梶原はるき)
【新潟市】女子を喜ばせる! ノスタルジックで愛らしいロシアチョコレート
 full 508b27b1 b883 4621 b30d 82ee372bed48
 full 7deecc44 466c 440d 9fe0 660748b87397
新潟駅より徒歩約20分の場所に店を構える『マツヤ』は、日本でも珍しいロシアチョコレートの専門店。ロシアチョコレートとは、ロシアチョコレートとは、ロシア人が好んで使うロシア風クリームのポマードカやヌガチン、プラムを包んだ個装のチョコレートで、どこか懐かしい味わいがします。マトリョーシカの形をした箱はもちろん、ロシア語をあしらってあるチョコレートの包み紙がノスタルジックで心ときめく愛らしさです。
紹介記事
新潟からマトリョーシカがやってきた!『マツヤ』のロシアンチョコレート(ひきたよしあき)
【阿賀野市】リッチな余韻に浸りたい! 香りも合わせて楽しむ「利き酒ショコラ」
 full a95032bd e308 48c3 8a3c 3f0b5b13ee72
 full 67abbc81 ea4b 4dcd bae8 092ae6d1de00
新潟県阿賀野市にある『しょこら亭』は、白鳥の飛来地として知られる瓢湖のすぐ目の前にお店を構えています。こちらで大人気なのが「利き酒ショコラ」。日本酒が贅沢に使われた生チョコは極めて口どけが良く、口に含むと甘さやほろ苦さ、旨味という要素を持った繊細な味わいが口いっぱいに広がります。鼻から抜ける香りも心地よく、一口でリッチな気分になれます。麒麟山・八海山・鶴齢の銘柄を使用した生チョコも極上の味わいです。
紹介記事
日本酒好きはお猪口でチョコレートを食すべし!?日本酒×チョコレート(村山和恵)
【佐渡市】現地だけの味! サクサク生地に新鮮クリームが溢れる「シュークリーム」
 full f250c563 12b3 40fa b88b f4ebb6f651a2
日本海に浮かぶ佐渡島で、ぜひ立ち寄りたいのが『Gelateria Kiki』。佐渡産の牛乳を使った、本場・イタリアに負けないくらい濃厚なジェラートもおすすめですが、注文してからクリームを詰めてくれる「シュークリーム」は、一食の価値あり。サクサクの少し厚めの生地は噛みごたえ抜群で、中から新鮮なクリームがとろ~っと溢れ出し、生地のおいしさを引き立ててくれます。“賞味期限30分のシュークリーム”という看板が目印ですよ。
紹介記事
賞味期限30分!外はカリカリ中はしっとりKikiの「シュークリーム」(ベリッシモ・フランチェスコ)
【新潟市】まるでフルーツケーキ! とれたて卵と旬の果実の『Sweetsプリン』
 full 8a0f4eb0 aa5e 48f1 88d2 093c6007959b
新潟市にあるスタジアム「ビックスワン」の近くにある『たまごsweets cafe中条たまご直売店』は、『中条たまご』という養鶏場直営のカフェ。養鶏場で採れたてのこだわり卵を使ったスイーツの数々が楽しめます。中でも果物と卵プリンというゴールデンコンビが楽しめる『Sweetsプリン』は、フルーツケーキのような贅沢な味わい。上に乗せるジュレは苺、マンゴー、メロン、コーヒー、雪下にんじんの5種で、季節の味わいも登場します。
紹介記事
意外な組み合わせがおいしさ倍増!養鶏場発さっぱりとろーり食感の「フルーツプリン」(越乃リュウ)
【上越市】珍しい地産野菜を使用! 幻の味わい「バナナかぼちゃチーズケーキ」
 full f077e8db d6a7 445d a6e5 db74422f0430
新潟県南西部の上越市にある『パティスリー・フルール』は、えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン・高田駅から歩いてすぐの場所にあります。地元で生産され、幻とも称される珍しい“バナナかぼちゃ”を使った「バナナかぼちゃのチーズケーキ」は、水分がたっぷりとみずみずしく、バナナのように甘く、栗のようにまったりと濃厚なバナナかぼちゃの味わいを最大限に活かしたどこにもない味わいが楽しめます。
紹介記事
新潟県の上越市から届く秘密の「かぼちゃのチーズケーキ」(荒岡俊行)
【妙高市】大人の新潟土産に! シャンパンやワインにも合う「フルーツケーキ」
 full cec73fc1 5854 445a ad4c dfabf7cb9bcd
雲海が見られるホテルとして、最近はインスタグラムで注目を集めている妙高高原にある『赤倉観光ホテル』は、1937年に『ホテルオークラ』が手がけたリゾートホテル。創業当時のベーカリー担当岸本光雄さんのレシピを元に作られた「フルーツケーキ」は、今も昔も定番人気を誇る妙高土産となっています。ラム酒に3ヶ月漬け込んだレーズンがたっぷり含むケーキは大人の味わいで、シナモンの香りがふわりと広がります。
紹介記事
80年の歴史が詰まったケーキとともに、素敵なティータイムを(大桃美代子)
ippin編集部

あわせて読みたい