Icon loading md
6581265 full 4c15c65a dc29 4d68 b72d 6a84bf3b385e
日持ちする&軽い&美味しい!三拍子そろった手土産にピッタリなお菓子
ippin
2018.05.16 10:30
お土産の重要な要素の一つとして、やはり「日持ち」は大事ですよね。生菓子をいただいても嬉しいですが、その日のうちに食べなければいけない、という縛りがあります。さらに持ち運びを考えた時に、あまり荷物にしたくないというときには、軽さがポイントになってきます。そこで今回は、お持ちする側も、受け取る側も気持ちのいい贈答品として、2週間以上日持ちして、持ち運びに便利なお土産をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。
このザクザク感がクセになる!最高級バターラスクをお土産に
 full e6464c32 e92c 4805 a5c6 2989b178ba3e
 full a46a926a 291e 4ff5 8f0e 3a8d78b920b2
北海道の自社牧場から採れたジャージー牛乳と、ジャージー牛のゴールデンミルクから作る自家製バター、美瑛産の良質な小麦、甜菜糖、天然ミネラル塩を使った最高級バターラスクです。サクッとしたソフトな口当たりに、芳醇なバターと風味豊かな小麦の薫りが口いっぱいに広がるのが最大の特徴です。1袋に2枚入りなので、少しだけ甘い物をいただきたいときにもってこいです。

ブランド名:たくみにしかわ
商品名:バターラスク【48枚】(お取り寄せ可)
紹介記事
「たくみにしかわ」の最高級バターラスク(西理恵)
資生堂パーラーのチーズよりもチーズらしい!?チーズケーキ
 full 7f1456c9 fe99 4d98 b5a4 1c9f48e61419
 full 343f6fd2 0281 451e 812f 5572faecf08c
『資生堂パーラー』の「チーズケーキ」は、北海道産の小麦粉をたっぷりと使った香ばしいビスキュイ生地で、デンマーク産のクリームチーズを包み込んで焼き上げ、チーズよりチーズらしいといわれるほど。しっとりと重量感があり、口に入れると、ほろりとくずれて濃厚なチーズが口いっぱいにフワッと広がります。日持ちもいいのでお土産にもぴったりです。

ブランド名:資生堂パーラー
商品名:チーズケーキ 9個入(お取り寄せ可)
紹介記事
冷やして食べてもおいしい!資生堂パーラーの「チーズケーキ」(風見幸代)
朝に食べたい!「FRUCTUS(フラクタス)」のグラノーラ
 full cd07f38b d91d 41cb 9dc5 d2d2c31273b0
 full 2c21b603 a44c 419b b0a2 16af09dac1f7
グラノーラは最近では朝食の定番として食卓に並びますよね。種類もだいぶ増えました。こちらの「『FRUCTUS(フラクタス)』」のグラノーラ「Every Single Day」は、オート麦にドライレーズン、ココナッツフレーク、アーモンド、ひまわりの種、かぼちゃの種、ドライイチジク、ドライクランベリーなど、蜂蜜やブラウンシュガーを合わせた、ほんのり甘いフレーバーを楽しめます。日持ちも長いのでギフトに最適ですよ。
紹介記事
美意識の高い方への手みやげに「FRUCTUS」の絶品グラノーラ(佐藤悦子)
お子様からお年寄りまで大好きな「おこし」をお土産に!
 full 3fc9bf89 be41 4cfe b1ee cc9a92b9a9ee
『「HIGASHIYA」』の「おこし」は3種類あります。「蕎麦の実」、「生姜」、「大徳寺納豆」、この3つがありますが、中でもお米に蕎麦の実、そして甘辛い醤油の取り合わせがやめられなくなる「蕎麦の実」味が格別です。老若男女を問わず、「一口サイズの甘じょっぱさがクセになってしまう」という感想をいただくほど。蕎麦アレルギーをお持ちの方には、すっきりとした食べ口の「生姜」や、塩気と旨味が新鮮な「大徳寺納豆」もおすすめです。
紹介記事
まさに粋!少しきちんと感が欲しい訪問の手土産にぴったりな"甘じょっぱ"おこし(前田紀至子)
ベルギー伝統のクッキーはスパイス感がたまらない!
 full e39d724b 97c4 4d90 ad5b e99179507c67
 full f01d9d60 ad20 4100 968f cb48438de38e
1829年に創業した『MAZON DANDOY(メゾン ダンドワ)』は、2012年創業以来初の海外進出となる日本支店を展開しています。100%自然由来の材料を使ったビスケット「スペキュロス」は、カリッとした固い歯ごたえ、口の中に広がるスパイス感がたまりません。地元ベルギーの子供達の間では、相性抜群のほかほかコーヒーと楽しむのが定番だそう。
紹介記事
ベルギー伝統のビスケットは秘伝の味!(佐藤ひと美)
ippin編集部

関連コンテンツ