Empty
6580624 full 0e57f37b 12ed 4685 826b b37f6feae06d
日本酒の神様が造る酒は、酒蔵内のテイスティングルームで味わうのが究極だ
GQ JAPAN
2018.05.16 07:00
85歳の“現代の名工”、農口尚彦氏がふたたび日本酒造りを再開した。入手困難といわれる農口氏の酒だが、新酒蔵に併設されるテイスティングルームでは、その味わいを存分に満喫することができる。…

あわせて読みたい

Empty
【石川・小松】ホリデーシーズンのヴィンテージ日本酒「農口尚彦×大樋年雄」ボトル
レアニッポン
Empty
「酒造りの神様」の銘酒を味わえる!日本酒好きなら絶対に訪れるべき農口尚彦研究所
Precious.jp
Empty
一度は体験したい! “日本酒造りの神様”のテイスティングルーム『杜庵』の酒と文化のペアリング
dressing
Empty
日本酒の未来。名工が紡ぐ懐かしき未来の味──石川県・農口尚彦研究所探訪記
GQ JAPAN
Empty
お酒の飲めない「酒づくりの神様」はなぜ日本酒ブームを作れたのか? 85歳で現役復帰した杜氏の生き様
Rettyグルメニュース
Empty
名匠、農口尚彦の酒でペアリング──小松市のテロワール「Saketronomy(サケトロノミー)」
GQ JAPAN
Empty
「小松SAKETRONOMY」で美酒・美食にフォーリンラブ♡
LEON.JP
Empty
【日本酒】「天狗舞」「菊姫」は酒飲みのキホン! 熱燗でも抜群にウマい石川県の銘酒5選
GetNavi web
Empty
丹後地域特産のフルーツと日本酒を使ったオリジナルカクテル登場
IGNITE[トレンド]
Empty
“酒づくりの神様”の異名を持つ日本最高峰の醸造家、農口尚彦の集大成となる酒造り。自身の名を冠した限定商品を発売
FASHION HEADLINE
Empty
日本酒は米で決まる。酒蔵と米農家の協業で日本酒は次なるステージへ
Discover Japan
Empty
「一人っ子の女の子として酒蔵に生まれた意味はなんだろう」。宮城県・川敬商店の挑戦
Walkerplus
Empty
あと2年で職人がいなくなる? 「木樽×地域再生」 秋田・新政酒造の一手
BE-PAL
Empty
モノづくりに触れる金沢の旅②
GINGERweb