俵屋宗達から田中一光まで。琳派のデザイン性に迫り、現代への継承をとらえる展覧会が山種美術館で開幕
美術手帖
2018.05.15 15:13
 琳派とは、江戸時代の俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一を軸に、主題表現やスタイルを発展的に継承した芸術家たちのこと。流派は通常、血縁関係や師弟間で受け継がれるが、琳派は間接的に先人を学に慕う私淑による結びつきによって広まった。実際に、16〜17世紀の宗達は町絵師、17〜18世紀の光琳は高級呉服商の子息、そして18〜19世紀に生き、両者の作品を見出した抱一は大名家出身と、出自も各々異なっている。

 本…

あわせて読みたい

展覧会「細見コレクション―琳派と若冲―」細見美術館で、俵屋宗達・酒井抱一・伊藤若冲らの作品を展覧
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
展覧会「江戸絵画への視線」渋谷・山種美術館で開催 - 伊藤若冲から横山大観、俵屋宗達まで一挙に
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
「近ごろ、日本美術が気になる……」方にやさしい展示に行ってきました!
LEON.JP
動物モチーフが可愛い!一人でじっくり鑑賞したイベントが開催中
Sheage
【アート】17世紀から20世紀に受け継がれた琳派の表現の変遷をたどる『【特別展】琳派 ー俵屋宗達から田中一光へ ー』、5月開催
ぴあ映画生活
現代のクリエイターも刺激受ける「琳派」の魅力 | ananweb - マガジンハウス
anan web
深まりゆく秋を絵画で味わう。山種美術館の特別展「琳派400年記念 琳派と秋の彩り」。
VOGUE JAPAN
俵屋宗達、尾形光琳、モネの名画が一堂に。アーティゾン美術館でこの秋「琳派と印象派」展が開催
美術手帖
会期は残りわずか! 尾形光琳の国宝『燕子花図』と鈴木其一の『夏秋渓流図』で、初夏を楽しみましょう。
Pen Online
鬼の国宝?!…あの有名な《風神雷神図屛風》が東京に降臨! | ananweb - マガジンハウス
anan web
アートも満開。花を愛でる美術館5選:都心編【2017年版】
lifehacker
「琳派」の展覧会が熱海・MOA美術館で開催。江戸の粋を装飾芸術の中に見る
美術手帖
デザインと日本美術の関係とは? 富山県美術館で「『日本の美 美術×デザイン』-琳派、浮世絵版画から現代へ-」が開催中
美術手帖
アーティゾン美術館が2021年の展覧会スケジュールを決定。「琳派と印象派」からモネ、森村泰昌まで
美術手帖