「休日に旅行やスポーツでリフレッシュ」はとんでもない勘違いだった
現代ビジネス
2018.05.12 05:45
日頃の運動によって筋力の低下を遅らせることができるのと同じように、自律神経の機能低下を食い止めたり、維持したりすることは、決して不可能ではありません。今回は、「疲れをためない生活をする」具体的な方法について解説しましょう。…

あわせて読みたい

疲れているのは体ではなく脳だった!知っておきたい「脳疲労」回復法
現代ビジネス
軽減したい、日常のストレス。でもその解消法、合っていますか?
クロワッサンオンライン
睡眠負債から夏バテまで。こんなことまでやってたの? 自律神経の正体
Tarzan
楽しいときほど、じつは疲れがたまっている? 「隠れ疲労」に要注意
FYTTEweb
気のせいじゃなかった! 疲れによる老け顔は、実際に老けている証拠?!
FYTTEweb
夏の過ごし方で「秋老け」を防ぐ!「与えるケア」で秋の美肌を手に入れよう
byBirth
運動後の簡単アフターケアでもっとスポーツを楽しもう! おすすめセルフケアアイテム5選
Women's Health
これって有効? それとも…?話題の脳トレ法の、正解を探る。
クロワッサンオンライン
放っておくと「頭痛」や「冷え」などの不調にも… とれない疲れはどうして起きるの?
FYTTEweb
疲れてるのは体でなく脳だった!
美ST
アラフォー世代の「寝てもとれない疲労」を解消する方法って?疲れないためのメソッドを大公開
Marisol
疲労回復の名医に聞く!「疲れているのは体…」は、間違い!?
Oggi.jp
睡眠負債は毎日少しずつ返済 質のよい睡眠が脳を元気にする!? | ananweb - マガジンハウス
anan web
眼精疲労は自律神経が原因⁉︎ 疲れやすい理由はコレ! 知られていない「疲労の正体」
FYTTEweb