50代必見!定年過ぎても会社に残れる人・評価される人
All About
2018.05.10 11:05
定年延長で、60歳以降も働くことが前提の社会に


定年延長になっても、仕事の厳しさは変わらない


60歳以降も働くことが一般的になっています。60~64歳の就業率は年々増加し、男性で76.8%、女性で50.8%と高い値になっています。

70歳以上を含めた高齢者(65歳以上)全体の就業率を見ても、男性が30.9%、女性が15.8%と多くのシニアが元気に働いていることが分かります…

あわせて読みたい

韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化 - 金 明中(キム・ミョンジュン ) 韓国を読み解く
Newsweek
全国有効求人倍率は1.25倍、企業は超売り手市場にどう立ち向かう?
@DIME
「給料の不満」は賃金制度改革では解消できない
東洋経済オンライン
70歳就業法案閣議決定~全世代が働きやすい環境と数字だけでない実質が必要
ニッポン放送 NEWS ONLINE
経営者側は「60歳定年後も働く人」をどう考えている?
All About
「限定正社員」という働き方はありか、なしか?
@DIME
「65歳まで全員雇用」で企業、個人はどうなる
東洋経済オンライン
シニア人材の活用をお考えの企業労務担当者様向け!『人手不足を円満解決 現状分析から始めるシニア再雇用・定年延長』発売!
PR TIMES
ホンダの定年延長、「割を食う」のは誰なのか
東洋経済オンライン
氷河期世代「6つの図解」で読む本当に正しい姿
東洋経済オンライン
2021年改正法施行「シニア雇用」で手遅れにならないため、企業が今知るべきこと
新刊JP
人材採用に悩む中小企業が、P&Gの「儲かる人事」を真似るべき理由
Newsweek
コロナ禍や法改正が待ったなしで変えるシニア労働市場でニーズに応えたい。シニア副業紹介を始めた背景とは?
PR TIMES STORY
「同一労働同一賃金」が格差を生むワケ
Wedge[国内+ライフ]