自力で減薬→病院難民→診断やり直し→方針決定までの長い道のり
現代ビジネス
2018.05.10 05:50
ノンフィクション作家の上原善広さん、実は長年に渡り心療内科に通い、大量に服薬していました。しかし一向に症状は改善せず、服薬を続けることに疑問を抱き"減薬・断薬"を決意。本連載ではその一部始終をお届けします。…

あわせて読みたい

医師は「治療=薬を出すこと」と洗脳されている
現代ビジネス
抗うつ剤の減薬には「SNS断ち」がよく効く
現代ビジネス
「薬」=「毒」なので、一気に身体から抜くのが理想的である
現代ビジネス
薬物依存や副作用が危惧されるベンゾジアゼピン系薬剤、世界的な注意喚起アクションが行われる
HARBOR BUSINESS Online
三度の「自殺未遂」を経て「もう抗鬱剤は飲みたくない」と思った理由
現代ビジネス
抗うつ剤を減薬したら、早々に「性欲」が戻ってきた話
現代ビジネス
医者に睡眠薬を飲まされ続けて失業…精神科「処方薬依存」の恐怖
現代ビジネス
「睡眠薬を飲みすぎると認知症になる」は本当か? その実例
現代ビジネス
こんなに苦しいなんて…向精神薬の減薬を始めたきっかけと今の思い - 文・七海 | ananweb - マガジンハウス
anan web
「一生薬を飲み続けなければならない」人などほとんどいない
現代ビジネス
好きで “薬漬け” になっているのではない。 精神疾患者の薬事情 | ananweb - マガジンハウス
anan web
“私の主治医”はドコ? 精神科疾患者から見る精神科医 | ananweb - マガジンハウス
anan web
睡眠薬をラムネ菓子のようにボリボリ…高学歴女性ほどハマる「薬物」の闇 - 依存する人々――現代ニッポンに潜む罠
ダイヤモンド・オンライン
知られざる「副作用」の恐怖〜薬が5種類以上になると命の保証は…
現代ビジネス