経営者側は「60歳定年後も働く人」をどう考えている?
All About
2018.05.08 10:55
8割超の企業が「継続雇用制度」を選択



「今日で定年退職、明日からは同じ職場で嘱託社員」というパターンが多い


2006年4月施行の「改正高年齢者雇用安定法」で、国は企業に対して「継続雇用制度の導入」「定年の引き上げ」「定年制の廃止」のいずれかの措置を講じて段階的な雇用延長をするよう義務づけました。その後も改正を重ね、2013年の改正では「原則、希望者全員を65歳まで雇用」を義…

あわせて読みたい

定年後再雇用の実情、給与激減・人間関係微妙でも残るべきか - 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔
ダイヤモンド・オンライン
今から知っておくべき「定年後再雇用」の現実
東洋経済オンライン
かつては55歳が主流! 定年退職の平均年齢はいくつ?
All About
韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化 - 金 明中(キム・ミョンジュン ) 韓国を読み解く
Newsweek
年収は半減?60歳定年後も働く人たちの現状
All About
そろそろ本気で考えたい「65歳以上の働き方」
東洋経済オンライン
定年後まで同じ会社に通う寂しい人生の末路
東洋経済オンライン
50代必見!定年過ぎても会社に残れる人・評価される人
All About
「65歳まで全員雇用」で企業、個人はどうなる
東洋経済オンライン
どうする?高齢者を雇用するときの労務リスク管理
All About
終身雇用を望む若者vs.身軽になりたい企業
東洋経済オンライン
70歳就業法案閣議決定~全世代が働きやすい環境と数字だけでない実質が必要
ニッポン放送 NEWS ONLINE
定年後に稼げない人と稼げる人の決定的な差
東洋経済オンライン
優秀な社員を低賃金で70歳まで飼い殺す、再雇用年齢引き上げの大問題 - DOL特別レポート
ダイヤモンド・オンライン