Icon loading md
6528088 full a67aad2d a7c1 45ac a8b4 c73286eab099
fox capture plan 出演後コメント | TOKYO M.A.P.S
antenna*
2018.05.05 16:00
都会的な洗練と滾る野性が共存する現代版ジャズ・ロックを鳴らすピアノトリオ、fox capture planが登場! キレッキレのパフォーマンスでヒルズアリーナを揺らしました! 出演後のコメントです。
■今日のライブの感想は?
Ryo Kishimoto (Piano)「普段ジャズ・フェスとかワンマンとか、同じインストバンドとの対バンが多いので、そういう意味ではお客さんの層とかは僕達がライブやる時とは違う感じだったんですけど、すごくみなさん楽しんでいってもらえてるのが感じられて。楽しいライブになったと思います」
Tsukasa Inoue (Drums)「気持ちよかったです!」
■「TOKYO」という言葉からイメージすること、場所、人、物などは?
Hidehiro Kawai (Bass)「むずいな、地元だしな」
Kishimoto「キレイですよね。"発信"している感じ。世界有数の大都市なので」
Inoue「いろいろ交差しているイメージが、いろんな文化が」
Kishimoto「僕もInoueも京都とか山形から出てきている身なんですけど、そうやって全国からいろんな志を持って集まってきている人がたくさんいて。日々、出かけるたびに誰かと会って、刺激的だなって。そんな街ですかね」
Kawai「都会だって言われるけど、1歩街から外れると昔ながらの建物とか残ってたり、情緒がある街だなって。新旧が混ざった面白い都市、それが東京だなと思います」
■今後の活動への意気込みを!
Kishimoto「今日のTOKYO M.A.P.Sは受け入れていただいた感じがしてすごく嬉しかったので……」
Inoue「今後どんどんJ-POP業界にね(笑)」
Kishimoto「ロックフェスとかポップスのフェスティバルでも聴いてもらいたいなっていうのがありますね。そして今日は30分5曲に集約してやったんですけど、ワンマンライブになると自分たちのやりたいことを片っ端からやってるんで、ぜひまた遊びに来てもらえたらと思います」

あわせて読みたい