定年後も年金を減らされずに働き続ける方法
東洋経済オンライン
2018.04.25 12:00
60歳で定年を迎えた後も働くサラリーマンが増えてきています。2013年に「高年齢者雇用安定法」が改正されて以降、定年後も働くことを希望する社員については原則65歳までは定年延長や再雇用といった方法で雇用が義務付けられたからです。私はこのように法律で義務付けることが必ずしも良いとは思いませんが、「元気で働けるうちは働く」というのはとてもいいことだと思います。

■一定以上の収入があると年金が一部停止…

あわせて読みたい

定年後の再就職には要注意!60歳以降の仕事は一番「トクな働き方」で お金の教科書(5)【連載】
レタスクラブ
年金は「繰り上げ」すると「5年で30%も減額」、損してしまう!
Precious.jp
60歳(定年後)の収入はどうなる? 老後不安を“見える化”する!
クロワッサンオンライン
年金生活者の実態:年金受給額や生活費は平均いくら?
All About
韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化 - 金 明中(キム・ミョンジュン ) 韓国を読み解く
Newsweek
定年後再雇用の給料、2割減は当たり前なのか
東洋経済オンライン
「年金は老後働くと結構減らされる」は本当か
東洋経済オンライン
年金制度について、15分で学ぼう
Wedge[国内+ライフ]
年金70歳超受け取りは本当に改悪なのか
All About
「年金の繰り下げ」は100%おトクとは言えない
東洋経済オンライン
繰上げ?繰り下げ?どっちがお得!?年金をベストタイミングで受け取るには? お金の教科書(4)【連載】
レタスクラブ
何歳から?いくらもらえる?気になる年金額は「年金定期便」でチェック! お金の教科書(2)【連載】
レタスクラブ
年金を65歳より「早くもらう」「遅くもらう」損するのはどちら?
Precious.jp
「お金持ちは年金をもらえない」という逆差別
東洋経済オンライン