「本当に、子どもが欲しい?」仕事も夫婦関係も恵まれた女が、“子作り”に立ち止まる瞬間
東京カレンダー
2018.04.21 05:05
―私、もしかして不妊?ー

結婚相談所に助けられながら、気が遠くなるほど壮絶な婚活を経て、晴れて結婚ゴールインを果たした女・杏子。

一風変わったファットで温和な夫・松本タケシ(マツタケ)と平和な結婚生活を送り、はや2年。

34歳になった彼女は、キャリアも美貌もさらに磨きがかかり、順風満帆な人生を歩む一方、心の隅に不妊の不安を抱えていた。

藤木というスパルタ婦人科医の診察に憤慨した杏子は、患者…

あわせて読みたい

無残にも奪われた“女の幸せ”。「赤ちゃんは、ママを悲しませたくない」の本当の意味
東京カレンダー
「産まない女」と「産めない女」の違い。絶望を知ったエリート美女が、それでも母になりたい理由
東京カレンダー
「これ以上アンハッピーにならない?」。傷ついた妻の心を癒した、ファットな夫の本音
東京カレンダー
「生きた心地がしない」結婚4年目。“陽性”という一本の線を待ち続けた女の、最終手段の結果
東京カレンダー
「他人に“弱味”を見せるのは負け」。プライドの高い外銀美女が、初めて会社で涙を見せた理由
東京カレンダー
崖っぷち妊活物語 最終回:運命の悪戯?妊活に励む女の元に現れた“忘れられない男”の策略
東京カレンダー
医師が語る体外受精のリアル。成功率はこの10年で倍に
ESSEonline
男性に「体外受精の現実」を知ってほしい理由
DRESS
救急搬送、採卵。結果は…「不妊で体外受精」を選んだ私に吹きまくった嵐 #2 | ananweb - マガジンハウス
anan web
不妊治療も自粛に?頭ではわかっても…子どもを望む夫婦の悲鳴
ESSEonline
不妊治療の公的助成に拡充の動き。民間の「不妊治療保険」も有効か?
Forbes JAPAN
不妊治療中に妻のメンタルが崩壊。「離婚したいけど、受精卵が…」
女子SPA!
婦人科次第で20万円もの差… お金と妊活の病院選び考<30代の不妊治療vol.21>
Oggi.jp
双子を望むパリス・ヒルトン、「体外受精」のプロセスを開始したことを告白
FRONTROW