Icon loading md
6443362 full 165a86e4 1696 407c b01c fd8c2ad9f0f3
キュートなフォルムに思わずパケ買い!美味しくて可愛い丸缶スイーツ
ippin
2018.04.16 14:30
缶入りのお菓子は数多くありますが、その中でも手の中にすっぽり収まる大きさの円形の缶は、なんだか可愛らしく、親しみがわいてきます。ちょっとしたギフトにぴったりのクッキー、おこし、金平糖、ボンボンなど、和洋のジャンルを問わずもらった人を自然と笑顔にしてくれるようなお菓子たち。見た目で惹きつけ、食べても美味しい。そんな丸缶スイーツをご紹介します。
カラフルな金平糖は味にも特徴あり!缶のデザインもお洒落な「コンフェイト」
 full 5d1c7b4b 06c3 4db3 b289 491ef9468c11
 full 94f9dd24 43eb 4d6d a026 95033d97269a
明治2年創業の京都の老舗お茶屋さんである「宇治園」の「コンフェイト」は、レトロなデザインの丸缶が印象的な金平糖シリーズ。味わいによって粒の大きさが違うのが特徴です。赤穂の塩を使い、後味さっぱりの「塩【SHIO】」、ごくごく小さな粒の「細細【SAISAI】」のほか、赤ワイン味や季節限定の「いちごミルク」味などがあります。昔ながらの製法で職人による手作りで作られている、こだわりが詰まった金平糖です。
スイーツのジュエリーみたい!缶も集めたくなる京都「星果庵」のかわいい金平糖
元プロマラソンランナー 有森裕子
薄いピンクの丸缶が上品でかわいい!「山本道子の店」の「チョコスティック」
 full 521bbcde e5ce 4ffd 9d5a 9cd32a629d9b
 full caed2e9f dd25 4980 9171 ec4fe3b884e3
半蔵門駅の近くにある「山本道子の店」は、「村上開新堂」と同じ建物の1階にあります。紹介制で完全予約制の「村上開新堂」のお菓子を、誰にでも楽しめるようにとオープンしたお店ですが、看板メニューの「マーブルクッキー」は、その人気ぶりから完全予約制に。そんな中、予約不要で入手できて、しかも可愛いピンクの丸缶に入っているのがこちら「チョコスティック」です。スティック状のチョコクッキーで、カリッコリッとしたやや固めの食感が特徴。缶の内側に整然とびっしり並んでいるので、缶は小さめながら中身は見た目以上にたっぷり入っています。ピンクの缶はあえての無地というところも、上品で潔く好感が持てます。
幻のクッキーが当日でも手に入る!? 『山本道子の店』の「チョコスティック」
美容ライター  前田紀至子
リキュールが口の中で余韻を残す大人向きのボンボン「六花のつゆ」ミニ缶
 full 6e231d86 ace9 4e7e 96f7 88c3a41aa29b
 full 95ae1b1a 3b24 4483 8da7 9e4d8fcf81f8
「マルセイバターサンド」などで知られる北海道の「六花亭」。最近ではオリンピックに出場したカーリング女子の「そだねー」の商標登録を申請したことでも話題になりました。北海道の人にとってホワイトチョコレートといえば「六花亭」というくらい、チョコレート菓子も親しまれています。そして、知る人ぞ知る存在なのが大人向けのボンボン「六花のつゆ」。カラフルで小さなボンボンを詰め合わせた、手のひらにすっぽり収まるミニ缶です。ワイン、ブランデー、うめ酒、ペパーミント、コアントロー、ハスカップのリキュールが入っていて、1粒はとても小さく直径1cm足らず。とても繊細なところも、やはり大人向きです。
食べる宝石!大人のボンボンお菓子「六花亭」の六花のつゆミニ缶
ソルトコーディネーター 青山志穂
見た目や味、食感まで考えつくされた甘くないクッキー「フールセック・サレ」
 full 6cd362f9 3e77 4016 8b44 751192e455f4
 full f02d06a5 a5e3 4a17 bc08 4dae251435d2
高級鉄板焼料理「うかい亭」が手がけている洋菓子店「アトリエうかい」は、一部の店舗ではケーキなどの生菓子も扱っていますが、やはり代表的なのは缶入りクッキー。コースの最後に提供していたところ、持ち帰りを希望するお客様からのリクエストが多いことから商品化されたといいます。正円ではなく楕円形の缶に入っているのが、甘くない塩味のクッキー「フールセック・サレ」。ほんのりとした甘さに塩気やスパイスが効いた、さっくり軽い口当たりのクッキーです。メレンゲ、サブレ、クラッカー、パイなど、いろいろな風味や食感が楽しめる詰合せになっていて、ワインのお供としても楽しめます。
お酒にも合う甘くない焼き菓子『アトリエうかい』の「フールセック・サレ」
料理研究家・テーブルコーディネーター 磯部作喜子
和菓子っぽくないところが新鮮!キャンディみたいな「おこし」の白い丸缶
 full 3d64fbae 3fd9 497b 830d ff3933836ffc
蓋にレトロな模様が描かれている白い丸缶を開けると、一口サイズの米菓子「おこし」が1個ずつキャンディ包みの状態で缶の中に入っています。ぱっと見では和菓子だとはわからない。そんな雰囲気が心をくすぐるこちらは「HIGASHIYA」の「おこし」。「蕎麦の実」「生姜」「大徳寺納豆」の3種類の味があって、中でも「蕎麦の実」は、甘辛い醤油とお米、蕎麦の実という組み合わせで老若男女を問わずファンが多いのだとか。甘い物が
まさに粋!少しきちんと感が欲しい訪問の手土産にぴったりな"甘じょっぱ"おこし
美容ライター  前田紀至子
季節感もいっしょに贈る!季節ごとのおまけも嬉しい「菊廼舎」の「冨貴寄」
 full 74652315 4bec 4f79 9284 55c03abe1b98
 full a1d08dac 8d17 4c02 ba14 f53451e41f59
銀座で明治23年に創業し、代々和菓子作りの伝統を受け継いでいる「菊廼舎(きくのや)」。登録商標の代表銘菓「冨貴寄(ふきよせ)」には、ポケットサイズの丸缶があります。色や形がさまざまな干菓子がいっぱい詰まっていて、定番の「縁結び」をはじめ、季節ごとに異なるバージョンが登場するので、季節感のあるちょっとしたギフトに最適です。しおり、ミニサイズのこいのぼり、夏には小粋なうちわなど、ちょっとしたおまけが付いているのも嬉しいポイントです。
夏のプチギフトにいかが? 銀座菊廼舎(きくのや)の「冨貴寄」金魚缶
おもてなしマエストロ 佐野由美子
ippin編集部

関連コンテンツ