Empty
6429232 full 49837ed9 ba90 457f 813d 2f5a96e2927b
YouTubeの「不適切動画」を仕分けする人工知能は、薄給のワーカーたちが支えている
WIRED
2018.04.12 20:30
YouTubeが「不適切」とされる動画を仕分けするコンテンツ・モデレーションを、人工知能(AI)で自動化しようとしている。そのAIを訓練する地道な作業は、実はクラウドソーシングによる薄給のワーカーたちが、1円単位の細かなタスクを繰り返すことで成り立っていた。…

あわせて読みたい

Empty
人工知能が生んだ「フェイクポルノ」は、AIが摘発する──コンテンツ・モデレーションの最先端
WIRED
Empty
人間と人工知能は、Facebookの「残酷動画」にどう対処すべきなのか?
WIRED
Empty
有害コンテンツは中央集権で“検閲”すべきなのか? テック企業の思惑はユーザーの権利を脅かす
WIRED
Empty
迷走するYouTubeの「コンテンツモデレーション」──明確な基準がないまま世論に流され、どこへ向かうのか
WIRED
Empty
「不適切」なコンテンツの基準に悩むソーシャルメディア──YouTube「制限付きモード」の波紋
WIRED
Empty
問題あるコンテンツの排除に動くYouTube、その険しい道のり
WIRED
Empty
中国企業が運営するTikTokは、どこまで「自由なインターネット」を体現できるのか
WIRED
Empty
Twitterで「女性へのハラスメント」が止まらない:アムネスティの調査結果が示す実態
WIRED
Empty
YouTube動画の信頼性向上プロジェクト、開始早々に見えてきた課題
WIRED
Empty
AIで進化する「フェイク動画」と、それに対抗するAIの闘いが始まった(動画あり)
WIRED
Empty
課題山積のツイッターは、どこへ向かうのか? ジャック・ドーシーが語った「曖昧な針路」
WIRED
Empty
暴力にポルノ画像ネットの“闇”を取り除くインドの秘密部隊の仕事場をとらえた:動画あり(閲覧注意)
WIRED
Empty
YouTubeの視聴時間が、1日10億時間を突破
lifehacker
Empty
Facebookによる「不適切なコンテンツ」の監視は、問題だらけだった
WIRED