Icon loading md
6408708 full fd46ad8a 7d16 43af 9153 7af8399552c3
父親の想いを受け継いだ「我が子菓子 善蔵(ぜんのくら)」
ippin
2018.04.08 07:15
愛媛県内子町から全国へ。「我が子」が食べても安心な手作り菓子
 full 81574975 e30e 4e83 95a4 98b3d8e57e3c
昭和14年に創業、現在三代目が切り盛りしている『宮栄商事』。その三代目がまだ幼い頃、父親である二代目宮瀬善三さんが、我が子に混ざりもののない安心なお菓子を食べさせたかったのか、大量生産による作り手の見えない画一的な流通菓子を疑問を持ったのか、「多くを加えず手を加え、余分なものをなるべく使わず」手間ひまかけたお菓子を作り始めた。
 full ed41f33d 4073 40a5 bfe5 a89a73f1a972
その善三さんの想いを三代目貴久さんがしっかり受け取り、自社ブランド『我が子菓子 善蔵(ぜんのくら)』が誕生した。
私がこのお菓子と出会ったのは、まだ子どもが幼稚園児だった頃。母になり、原材料をやたらとチェックするようになる中、ひとめ惚れ(正確にはひとかじり惚れ)したのが、善蔵シリーズの「塩こうじ煎餅」だった。

店内にはずらりと並ぶ、ほっこりするようなお菓子の数々。いつ見ても、いつ食べても、思わず優しい笑顔になれるのは、どのお菓子にも『善蔵』の想いが詰まっているからに他ならない。
 full 56374402 db05 4e12 b791 459e942f62fd
まずこの優しい風合い。口に入れたときの意外としっかりした噛み応え。そしてふんわりと素材の香りと風味が優しく広がる感じ。「毎日おやつにしたい」と心から思った。
 full 1f4872fe c4d2 4584 91fa 986f62eddafe
そして、ひとつまたひとつと増えていくラインナップを、ギュギュっとコンプリートしたくなる可愛らしいキューブボックスが誕生した。
 full a75808f4 25ef 43db 81f9 5388e9533988
「塩こうじ煎餅」は、米粉でつくったパリパリ食感。内子の老舗『森文醸造』の塩こうじのうま味がふんわり残る。小麦粉・卵は不使用なのでアレルギーを持っている方にも味わっていただける。
「芋丸せん」は、愛媛県産さつま芋粉末をたっぷり練り込んだ、焼き芋のような風味が特徴。
「トマト煎餅」は、凝縮イタリアントマトをたっぷり使った米粉煎餅(小麦粉・卵不使用)。
「ごまづくし」は、胡麻がおどろくほどたっぷり入った、重量感のあるクッキーのような味わいの煎餅(同じ箱に入っているのに重さが違う!!)。
「和三盆煎餅」は、高級和三盆糖をぜいたくに使った上品な甘さが特徴。
「玉子落花せん」は、落花生たっぷりのサクサク感が楽しめるシンプルな食味。
 full dbda651c dc7c 4325 953c 2a85b1ad219d
 full 6f06ac5e 31a5 4295 aa6e 091815e40d4e
思わず誰かに教えたくなる、ママ友にプレゼントしたくなる、そんな逸品。
手作りで「まかない料理」のような我が家用菓子を、一人でも多くのひとにお届けしたい……。そんな想いで、今日も愛媛県内子町の工場で、三代目が心を込めて煎餅を焼いている。


宮栄商事有限会社 直営店
〒791-3301 愛媛県喜多郡内子町内子1956
0893-44-2307
「我が子菓子 善蔵(ぜんのくら)」煎餅6種
宮栄商事有限会社
フリーパーソナリティ/タグプロダクト やのひろみ

あわせて読みたい