春から初夏までサラリと着られるウィリアム ハルステッドのスーツ生地とは?【NEXTILE Vol.8】
MEN'S EX
2018.04.04 04:00
生地を「タグの知名度」よりも"質"で見極めることができたなら、服選びはもっと楽…

あわせて読みたい

今、注目したい生地その③ 幅広く使える生地
MEN'S EX
マルゾットの生地がアパレルメーカーから支持される理由とは?【NEXTILE Vol.12】
MEN'S EX
「世界最高峰スーツ」と名高いチフォネリのMTMが伊勢丹メンズに登場!【どうしても欲しいスーツ】
MEN'S EX
クラシックで程よく"エエコク"(英国)!「ラッシャーミルズ」のスーツ地を知っているか―?【どうしても欲しいスーツ】
MEN'S EX
フレスコの奥行きがあれば、基本の紺&グレーも色気豊かに。
MEN'S EX
グイッと伸びてしっかり復元する!「トレーニョ1900」の「3Dウール」とは?【NEXTile Vol.7】
MEN'S EX
本格フレスコなら個性派スーツもパリッと見える
MEN'S EX
RAKISH MAN は、玄人好みの生地を知っている
THE RAKE
日本の夏にも負けない、軽さと通気性のスーツ生地「フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ」【NEXTILE Vol.9】
MEN'S EX
英国生地らしいハリコシに、伸縮性もプラスした軽やかなオーダースーツ【名作予報】
MEN'S EX
生地から考えるNEXT STYLE「マルゾット」【NEXTILE Vol.6】
MEN'S EX
「ハードに着てもきちんと感をキープしたい」なら、へこたれにくいタフなスーツを選ぼう!
MEN'S EX
この秋冬に着たい上質ジャケット vol.1「尾州毛織」
Premium Japan
実力派テーラーが語る、新鋭生地メーカー「ドラゴ社」の魅力とは?【NEXTILE Vol.11】
MEN'S EX