「MONO消しゴム」はなんで青、白、黒?そのワケが判明
Precious.jp
2018.04.01 11:00
青と白と黒のストライプ柄で知られる、トンボ鉛筆が販売するMONOの消しゴム。1967年にトンボ鉛筆が創立55周年を記念した鉛筆シリーズ「MONO100」の付属品として販売。それが評判になり、独立した商品として2年後に発売がスタートしました。青・白・黒のストライプ柄は、店頭で目立つこと、かつ長方形という形を生かすために旗のデザインを採用したと言われています。そのほかお客様の声を反映して開発した「モノ…

あわせて読みたい

あのストライプで商標も取得済! 国民的消しゴム「MONO」現行ラインナップ一挙見せ
GetNavi web
青・白・黒といえば…?ロングセラーと色の深い関係
All About
デスクワークのマンネリ化を防げ! アイデア文房具でいつもの作業をクリエイティブに
@Living
青白黒で50年!歴代「MONO」の記念セットが発売ですよ
&GP
消しゴムといえばコレ!日本で一番使われている比類なきパイオニア
LaLa Begin
なぜ「MONO」消しゴムは50年以上も愛され続けてきたのか――デザインの変遷で見るモノ・ヒストリー
GetNavi web
好みや利用シーンで分類!「モノ消しゴム」の仲間たち
LaLa Begin
「モノ消しゴム」の歴史。実は鉛筆のおまけから始まった!?
LaLa Begin
MONOカラーはダテじゃない!極細MONOケシ付きシャープペン
&GP
ユニクロ「UT」からトンボ鉛筆「MONO 消しゴム」のコラボデザイン、ポケットが“消しゴム”に!?
FASHION PRESS[ファッションニュース]
トンボ鉛筆からくすみカラーの文房具が登場!大人もほしくなるかわいさ
mamagirl
さすがMONO!多機能ペンに付いてる消しゴムだって消し味バッチリ!
&GP
よく消えるのは当たり前!大人も欲しくなる、とにかく強靭な消しゴムと削ると富士山になる消しゴム
GetNavi web
手品か!? 驚きの細軸にリフィルが詰まった多機能ペンはビジネスマン必携
GetNavi web