Icon loading md
6374563 full a3b203ab 5d60 4b04 a5c5 4ca13f5607ed
百段階段が猫だらけ。ジャンルや時代を超えた「猫の都の国宝アート」展、ホテル雅叙園東京で開催
美術手帖
2018.03.31 08:00
 東京・目黒の「ホテル雅叙園東京」の中にある、1935年建造の東京都指定有形文化財「百段階段」。ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、同館で現存する唯一の木造建築だ。99段の長い階段廊下で繋がれている7つの部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、鏑木清方や荒木十畝らによる美人画や花鳥画が描かれている。これらの各部屋は、その類まれな背景を活かした雛人形展や、いけばな展など…

あわせて読みたい